30歳からのカナダワーホリ暮らし

30歳(2004年6月〜2005年6月)で行っちゃった!カナダでのワーキングホリデー生活の日々あれこれ。
月日は百代の過客にして...
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
カナダはどんな感じ?

日本はこんな感じ!

カナダ情報LINKS
カナダブログLINKS
オススメッ!
カナダ〈2006~2007年版〉
カナダ〈2006~2007年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
長期で暮らす方に役立ちます!
オススメッ!
オススメッ!
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで (JUGEMレビュー »)
藤田 裕子, ナヴィインターナショナル
英語レシピで和食を作っちゃえ!
最近のemem
テーマ別に
これまでのemem
読者のお声
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    emem (06/28)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/28)
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    Mai (06/26)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    momo (06/24)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    emem (02/07)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    tarako (02/07)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/08)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    makiko (06/02)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (11/20)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    りえこ (11/06)
関連記事発生中
その他
筆者です。
ad from jugem...
ブログのレンタルサービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
すっピン東部巡り12日間〜Day5. Quebec City(後編)〜
5月27日(金)
●5日目:Quebec City
寒風吹きすさぶケベックで始まった午後の郊外ツアーがスタート。
オルレアン島、モンモランシー滝、Copper Museum、昔ながらのパン屋の
Chez MarieなどがあるAvenue Royale(王の道)、サンタンヌ・ド・
ボーブレ大聖堂を巡る。

オルレアン島は市街から車で20分ほどのところにありながらも、牧場や果樹園、
ワイン畑などが広がるのんびりしたところだった。学校の団体が果物狩りに
来たりするところらしい。

モンモランシー滝は"瀑布"と呼ぶのが相応しい激しい滝だった。
滝全体を捉えた写真が撮りたかったけど、見学時間が30分のみと足りず断念。
滝の真上にあたる吊橋まで行って下を覗き込んだら、滝のエネルギーに
吸い込まれそうな物凄い恐怖感に襲われた。高い所好きなんだけどなー。
なんだか、滝の持つ物凄いエネルギーに圧倒されちゃいますただ。(-o-)

銅細工の店では銅細工職人の娘さんが、銅細工の行程を実演していた。
店内には商品の他にこの職人が25年の歳月を要して完成させたという
銅版細工(聖書のシーン)50枚も展示されていて圧巻だった。

その後訪れたシェ・マリーというパン屋さんでは$1でメイプルバターを
塗った食パンを食べる事ができて、なんとも懐かしい〜味だった。

そしてこのツアーのラストスポットの大聖堂へ。
キリストの祖母に当たる聖アンヌが祀られている教会らしい。
なんでも足の不自由な人が祈りを捧げたところ、その病が完治したという
アンビリーバボーな奇跡の伝説があるらしく、聖堂の壁には松葉杖や杖が
たくさんかかっていた。中の装飾も素晴らしかった。

こうして全行程を終えて、再び市街へ。ガイドのピエールとお別れして、
晩ご飯を食べに午前のツアーガイドがお勧めしていたクレープ屋、
Casse-Crepe Bretonへ。ハム+チーズ+マッシュルームの3品をトッピングした
クレープ($5)と日替わり(この日はニンジン)スープ($2.5)を注文。

まず運ばれてきたスープを食べると、これが美味い!
ぽてっとした濃厚さでスープというよりは、すりおろしたニンジンに
味をつけたという感じ。うっ、うんめぇ〜。

それが終わる頃に主役のクレープが登場。
これまたチーズがとろけててうんめぇ〜。おかずクレープバンザイ\(^o^)/
こんなに堪能できて全部で$8.91ってトレビアーン!

満腹になってところで、19:00に帰宿。
ぼんやり地球の歩き方を見てみると、20:30からノートルダム聖堂で
サウンド&ライトショーがあるとの情報が。
おっしゃ!と出かけてみるも、教会は閉まってるし、ショーの気配は全くなし・・・。
ガセビアかよ・・・。

超高級ホテル、シャトー・フロントナックの夜景を撮影してお宿へUターン。
いやー、寒さには参った、参った。ガイドの言っていた
「ケベックの季節は、この前の冬、今回の冬、次の冬。と巡る」と言っていたのが身に沁みた1日だったけど、世界遺産にも登録されている
だけあって古都の素晴らしさがあった。

この地に訪れた事のある友人は皆一様に「あの街では英語が通じない
(ホトケ語オンリー)だから大変だよ。」って言ってたけど、私が出会った人々は
みんな私が英語で話すと、英語に切替えて対応してくれたし、ホントに
旧き良き街Quebecでした。

追記:バスツアーではフランス人客がいたことから、ガイドが英/仏と
両方で案内をしていた。この地でしか味わえないバイリンガルモードよねー。
|  →東部巡り12日間 | 14:25 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 14:25 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
きゃあ〜!
なぜか2回送信されてしまった・・・
すみませんが・・・コメント1つ削除してください、、恥。
| そら。 | 2006/03/02 3:00 PM |
こんちわ〜♪ 無事帰国致しましたっ!(・Θ・)ゞ

旅日記upされてますねー☆
旅行記って大変だよね・・・
お気持ちお察ししますわ。。苦笑。

でも、私もがんばって整理して、
少しずつ書いてくつもりなので、
見ていただけるとうれすぃ。。
ememさんにとって懐かしい風景が、
たくさん写ってる可能性大ですしっ!笑。
| そら。 | 2006/03/02 2:55 PM |
こんなダラりんこなブログをチェックして頂いて毎度の事ながら
頭が下がる思いでございます。_(_^_)_
ふと見れば2月中には1度も記事をUpしていない事に気付く。(ー_ー)
こりゃいかん。ってことで、記事を書いてみたけど、今日はもう3月さ。ふぅ。

chatさんは訪れた時期が悪かったみたいね。
5月でも寒風吹きすさびんぐな街だったから、1月なんて
想像するだけでブルブルですわ。

写真も遠からずUp出きるように勤めます・・・。(^_^;)ゞ
| emem | 2006/03/02 12:51 AM |
おお〜っ、後編がアップされてる!

そうか、ケベックは、5月末でもそんなに寒いのね。
それなのに、1月半ばに行っちゃった私ったら、もしかしたらチャレンジャーだったのかも?
ememちゃんの行った中で、モンモランシーの滝だけは行ってみたんだけど、滝の上でバスはストップ、そこから降りる道もあるはずなのに雪で埋もれて見つからない、ついでに滝も川も雪に隠れて(凍ってて)何にも見えない、という状態だったの。
ううう、ナイアガラに負けない隠れスポットだったのに、残念!
写真をアップしてくれるのを、待ってるわ〜。

そして、おかずクレープ、美味しそう!
甘いものがちょっと苦手なので、クレープって尻込みしちゃうんだけど、おかずクレープなら食べられそう〜!(垂涎)

ケベックって、確かに仏語しか通じないって言うけど、観光客が来るようなところはみなさんバイリンガルだよね。
モントリオール市だと、さらにバイリンガル率が高いみたいだけど。
ちっ、苦労せず2ヶ国語(以上)を話せる人たちがうらやましいぜ。
そういえば、モンモランシーの滝に行ったとき、どのバスに乗ればいいのか分からなくて、パスディーポに停まってたバスの運ちゃんに英語で聞いたら、全く理解してもらえなくて、ガイドブックの写真見せて『ここ!』って指差したら、仏語で教えてくれました…。
そんなケベック。
もう一回、(季節のいいときに)行きたいなぁ。

さて、ようやく旅行記も半分くらいまで来ましたわね。
続きも、待ってるわよーん。
| chat | 2006/02/28 12:40 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ememdays.jugem.cc/trackback/340
トラックバック