30歳からのカナダワーホリ暮らし

30歳(2004年6月〜2005年6月)で行っちゃった!カナダでのワーキングホリデー生活の日々あれこれ。
月日は百代の過客にして...
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
カナダはどんな感じ?

日本はこんな感じ!

カナダ情報LINKS
カナダブログLINKS
オススメッ!
カナダ〈2006~2007年版〉
カナダ〈2006~2007年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
長期で暮らす方に役立ちます!
オススメッ!
オススメッ!
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで (JUGEMレビュー »)
藤田 裕子, ナヴィインターナショナル
英語レシピで和食を作っちゃえ!
最近のemem
テーマ別に
これまでのemem
読者のお声
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    emem (06/28)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/28)
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    Mai (06/26)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    momo (06/24)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    emem (02/07)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    tarako (02/07)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/08)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    makiko (06/02)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (11/20)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    りえこ (11/06)
関連記事発生中
その他
筆者です。
ad from jugem...
ブログのレンタルサービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
すっピン東部巡り12日間〜Day5. Quebec City(前編)〜
5月27日(金)
●5日目:Quebec City
昨夜深夜に到着した為、朝シャワーすることに。
シャワーを終えて8:00。超〜さっぱり、リフレッシュしたところで、
朝ご飯を食べる為にカフェテリアに降りて行くと、中学生の団体らしき
集団がバイキング(ちなみにこれって和製英語なのね。英語では
Buffetっと言いま〜す)形式で色々食べているではありませんか。

あっ!この宿って朝ご飯付きだったんだぁ〜♪ラッキィ〜♪と解釈し、
列の最後の方に大人が並んでいたので、その後ろに私も並ぶ。
オレンジジュース、ホットケーキとトレイに乗せて、最後にはデザートの
ヨーグルトまでゲッツ!

ホットケーキもフワフワして美味♪あの値段で朝食付きなんてめっちゃお得!
と思ったのも束の間、はたとあることに気が付いた。

周りを見回してみると、この朝食を食べているのは中学生の団体のみ!
う゛っっ!
これはこの中学生の団体(おそらく郊外学習とか)のみの特典だったのだっ!
列に大人も並んでいたから、てっきり宿泊者全員にもれなく付いて来る
全プレ企画かと思いきや、今考えるとあの大人達は引率の先生だったんだ!!

やっべー。と思うも時既に遅し。その時点でデザートのヨーグルトまで
完食してましたからっっ!!

食べ物があるカウンターの中で、列に並んでいる人のお皿に盛り付けている人も
列に並んでいる大人も子供も何も言わなかったし、変な目でも
見られなかったしさー。
悪気はなかったけど、無銭飲食しちゃってごめんね。テヘ。(^_^;)ゞ

その後、厨房でお弁当用のサンドイッチをこさえてラップに包む。
それにしても、本当にこのホステルの設備は素晴らしかった。
ラップとかも、ジャンジャン使っちゃって〜と言わんばかりに、大量に
完備してくれているし。

部屋に戻ると同室のJenとJanetが起きていた。昨夜ガサガサしてゴメンネと謝って
彼女達の話を聞くと、エドモントンから車でここまで来たらしい。
7日間で5都市を周るという、私にも負けず劣らずの強行スケジュール。
私と同じく今日1日をQuebecCityで過ごした後、オタワへ向かって
彼女たちの旅は終わるらしい。まだ仕度途中の彼女達と別れ、私は
一路ダウンタウンQuebecへ!

目指すはお約束の観光案内所。フロントでもらった地図を見ると、
そう遠くはないみたいだけど、なんせ地図が良く分からない。
じーっと地図に眺め入っていると、ある男性が英語で話しかけてくれた。
早速行き方を聞いてみると、英語で丁寧に教えてくれた。

程なく無事に観光案内所に到着(9:50am)。今回は地球の歩き方に
掲載されている場所にちゃんとあって一安心。
バスツアーの会社(Dupont)のカウンターに行くと、10:00からの
市内観光ツアーに参加可能とのこと。$29.91払って1.5時間のツアーに
加わる事にした。

バスの近くまでいくと何やらチェックリストらしきものを手にして
待機しているお兄ちゃんを発見。てっきり、ツアーガイドだと思って、
チケットを見せると、「僕はバスドライバーじゃないよ。」と一言。
なんと駐車違反を取り締まる兄ちゃんだった・・・。ゴメンよ。(-o-)

バスに乗り込むとドライバーは不在。
乗客のおばちゃんが「席に座って待ってるといいよ。」とアドバイス
してくれると、程なくしてドライバーが登場。

彼の名はジャン。英語で言うところのJohnらしいけど、極力ジョンとは
呼ばないで欲しいそうだ。やっぱり祖先がフランス人という土地柄なだけあって、
"フランス系カナダ人" ではなく、"カナダ系フランス人"という気持ち
なんだろうな。

このツアーではバスから降りる事はほとんどなく、ほとんどのスポットを
車内から見学するというもの。それにしても、シタデル、州議事堂と
Quebecの街並みは古都と呼ぶのに相応しい。

旧市街、Upper town、Lower town、と主要なエリアの見所を網羅すし、
11:30にツアー終了。どこかのベンチでお昼でも食べようと思うも、
物凄い冷強風が吹き荒れ外では無理だった・・・。

外でのランチを諦めて午後からオルレアン島などを巡るCountryside Tourに
参加申込み。午前中のDupont社で1日ツアー(午前:市内、午後:郊外)に
申込んでいれば$55+taxで済んでたけど、それには気が付かなかったから
しょうがない。同じ会社に$38+taxを払って申込むのも癪だったので、
別な会社(OLD QUEBEC TOURS)に申込んだったで。

集合時間の13:10まで少し時間があったので、午前中のツアーで見て
もっと近くで見たいと思った州議事堂へ行く事にした。
そうして近くから見てみるとやっぱり素晴らしい建物だった。
中を見学しようとするも、ガイドツアー(無料)に申し込みをする必要があり、
次のツアーは16時からとのこと。残念。郊外ツアーに参加するので無理だ。

建物を出て、ケベックのシャンゼリゼ通りと呼ばれるGrande Allee(グランダレ)をそぞろ歩く。マックやバガキンなどもビクトリア様式の
おしゃれな外観の建物でしたわ。

あ、それからこの市内ツアーでは"Catch me if you can"の撮影で使われていた
教会を訪れた。映画のラストでディカプリオがトム・ハンクスに捕まる
シーンのフランスの教会(という設定)で使われていた教会だ。
なんでもケベックの街並みの方が本国フランスよりもフランスらしい
(byスピルバーグ)とか・・・。

このグランダレも言われてみれば、確かにプティ・シャンゼリゼといった感じで、
おされなカフェやレストランが軒を連ねている。ここではレストランのメニューは
店の外に表示しなければならないという法律があるそうで、客側にとっては
とてもありがたいシステムだった。

ちなみにツアーガイド、ジャンのお勧めはピンクの子ブタがトレードマークの
カフェとRue St. Jeanにあるクレープ屋さんやスープ屋さん。
とても美味しいらしい。

グランダレを歩いていると、あっという間に12:55!やべっ!ってことで、
急いでツアー集合ポイントへ引き返すことに。途中、小走りしたりしながらも
何とか13:10に到着できた。集合に遅れたイギリス人夫妻が合流して、
郊外ツアースタート。

ってことで、Day5.〜Quebec City(後編)〜に続きまーす。
|  →東部巡り12日間 | 00:21 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:21 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
>きゃびさん
きっと人間が出来ている心の広い引率教員だったのね・・・。
どう思ってたかっていうよりも、きっと気にしてなかったんだと思う。
ほら、カナダだから。

ところで。今までの旅行記を私が自分の記憶だけで
綴っていると思ってた?
期待を裏切るようで悪いけど、これは旅行しながらつけていた
旅メモを読み返しながら編集しているのだす・・・。

あ、それから昨日人生初の「恵方巻き」風習を実行してみました〜。
今年の恵方は南南東っと。

>chatさん
chatさんもケベックに行った事あるんだ〜。
お気に入りは旧市街なのね〜。

あと、店の外のメニュー表示いいよね。
ちなみに、これで入ろうかと思って止めたお店もあったけどね・・・。

| emem | 2006/02/04 10:57 AM |
うわ〜い、ケベック編だっ!
自分も行ったことがある場所だと、拝読していても光景が目に浮かんでくるから、もっと楽しい♪

一人旅では、思い違いとか勘違いって、ありがちだよね。
朝食バイキングも、日本のホテルではよくあるサービスだし。
ま、誰にも変な目で見られず、注意もされなかったということで、ラッキー!だったよねっ。

『レストランのメニューは店の外に表示しなければならない』
そういえば、どのお店もメニュー(というかお値段:笑)をあらかじめ見られたから、入ってからびっくり、というのがなくてうれしかった覚えが。
へぇ〜、そんな法律があるんだね!
どうせなら、カナダ全土でそうしてくれるといいのに…。

旧市街は、私のお気に入りの場所。
というか、ケベック市がフランス語圏でなかったら、ワーホリのとき、住処をバンクーバーではなくケベック市を選んでいたと思うもん。
いやでも、フランス語圏だからこその雰囲気なんだろうな〜。
ともあれ、ememちゃんが撮った写真も、後編ともども、楽しみにしているわ〜。
| chat | 2006/02/01 12:58 AM |
おお、久しぶりに『すっピン』シリーズが帰ってきたね!
いつ聞いても“タダ食い事件”は笑えるわ〜☆
引率の先生達からも何も言われなかったんだよね?
彼らはどう思ってたんだろう???

しっかし、もう半年以上前の旅行記なのに、かなり細かい詳細をよく覚えてるわね・・・!
アタシなら時間帯とかは翌日になると記憶から消えてる〜♪
今度はケベックの美しい風景の写真も期待してま〜ス!
| きゃび | 2006/01/30 5:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ememdays.jugem.cc/trackback/338
トラックバック