30歳からのカナダワーホリ暮らし

30歳(2004年6月〜2005年6月)で行っちゃった!カナダでのワーキングホリデー生活の日々あれこれ。
月日は百代の過客にして...
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
カナダはどんな感じ?

日本はこんな感じ!

カナダ情報LINKS
カナダブログLINKS
オススメッ!
カナダ〈2006~2007年版〉
カナダ〈2006~2007年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
長期で暮らす方に役立ちます!
オススメッ!
オススメッ!
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで (JUGEMレビュー »)
藤田 裕子, ナヴィインターナショナル
英語レシピで和食を作っちゃえ!
最近のemem
テーマ別に
これまでのemem
読者のお声
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    emem (06/28)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/28)
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    Mai (06/26)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    momo (06/24)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    emem (02/07)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    tarako (02/07)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/08)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    makiko (06/02)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (11/20)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    りえこ (11/06)
関連記事発生中
その他
筆者です。
ad from jugem...
ブログのレンタルサービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
これで私もサバイバー?〜酒場でケンカに勝つ方法編〜
ラストォ〜ッ!!!やっと日付に追いついた!




お酒は楽しく飲みたいね。


〜酒の席でのケンカに勝つ方法〜

1.目、股間、膝、喉など、相手の急所を攻撃する。
鼻を殴ることでかなりの苦痛を与えるが、相手を倒すことはできない。
頭突き−またの名をヘッドバッド−は相手を失神させるので、その間に
逃げることができる。

2.相手との間合いを詰めることで、攻撃をしやすくする。
相手との距離を狭める:相手が巨体であれば、こちらを攻撃するのに
空間を必要とする。こちらから相手に近づくことでこれを難しさせる。

3.繰返し効率的に攻撃する。
1度攻撃を加えたからといって後ずさらない。上記の箇所に素早く何度も
強打を加える。また、相手に殴る瞬間を気付かれないようにする。(殴打する
仕草を相手に悟られないようにする。)

4.必要があれば武器を用いる。
酒場にあってケンカで使える武器としては、電話、ペン、ボトル、ビール
ジョッキ、コーヒーカップ、カギなどがある。これらの武器を用いる
ことによって、相手に重傷を負わせたり、死なせたりすることも
あり得る事に注意しなければならない。合法的にこれらを武器として
用いるには、純然たる正当防衛でなければならい。

5.角や壁を(障害にならないように)背にするようにして戦う。
こうすることで、他の者から攻撃されるのを防ぐことができる。

★今週の一言:
正当防衛における法の定義を理解すること。ほとんどの州法では、攻撃を
止める為に有効なものを用いてよいと明記している。これは攻撃性が
中和された場合には、相手に対していかなる過度な報復をもし続けては
ならないということを意味する。このことを知っておくことで、裁判所へと
続く犠牲の大きい道のりを歩まなくてもいいことになるかもしれない。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

サバイバー情報として、酒場にあるものを武器として用いちゃえ!
なんていうところは、なんともアメリカっぽいと言うか、なんと言うか・・・。

お酒は楽しい仲間と楽しく飲みたいものです・・・。
HOW TO WIN A BAR FIGHT

1.Attack the most sensitive areas of your opponent: eyes, groin, knee and throat.
Hitting the nose causes severe pain, but may not disable your attacker. Nutting--also called head-butting--may stun your attacker and allow you to get away.

2.Optimize the distance between yourself and opponent so you can attack easily.
Stay close: If your opponent is big, he will need room to hit you, and moving in close makes this difficult.

3.Attack repeatedly and be efficient.
Do not hit once and move away. Make fast, repeated blows to any or all of the area noted above. Try not to telegraph blows(signal that you're about to strike.)

4.If necessary, use weapon.
Some common objects that can be used as weapon in a bar fight include telephones, pens, bottles, beer mugs, coffee cups, and keys. Note that by using a weapon you increase your chance of causing severe injury or even death. You must be in a pure defensive position to legally use such force.

5.Try to fight with your back to (but not up against) a corner or wall.
This will give you protection from other potential attackers.

★Tip of the Week:
Understand the role of the law in self-defense. Most state laws stipurate that you may use sufficient force to stop the attack. This means that once the aggression neutralized, you may not continue to deliver any sort of punitive retribution to your attacker. Knowing this may save you a costly trip to a acourtroom.
| 連載翻訳〜これで私もサバイバー?〜 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:57 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ememdays.jugem.cc/trackback/329
トラックバック