30歳からのカナダワーホリ暮らし

30歳(2004年6月〜2005年6月)で行っちゃった!カナダでのワーキングホリデー生活の日々あれこれ。
月日は百代の過客にして...
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
カナダはどんな感じ?

日本はこんな感じ!

カナダ情報LINKS
カナダブログLINKS
オススメッ!
カナダ〈2006~2007年版〉
カナダ〈2006~2007年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
長期で暮らす方に役立ちます!
オススメッ!
オススメッ!
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで (JUGEMレビュー »)
藤田 裕子, ナヴィインターナショナル
英語レシピで和食を作っちゃえ!
最近のemem
テーマ別に
これまでのemem
読者のお声
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    emem (06/28)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/28)
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    Mai (06/26)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    momo (06/24)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    emem (02/07)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    tarako (02/07)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/08)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    makiko (06/02)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (11/20)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    りえこ (11/06)
関連記事発生中
その他
筆者です。
ad from jugem...
ブログのレンタルサービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
『My Fair Lady』
オードリーってカワイイなぁ〜。出演:Audrey Hepburn, Rex Harrison
監督:George Cukor
製作年:1964年(アメリカ)
あらすじ:ロンドンの街角で花売りをする貧しいイライザ(オードリー・ヘップバーン)。ある日、言語学者のヒギンズ博士(レックス・ハリソン)と出会う。博士はイライザの酷く訛った英語を指摘し、自分ならば6ヶ月あればその発音を矯正し、まともな職業に就けるようにできると豪語する。貧困から抜け出し、まともな職業に就きたいと願ったイライザは博士のもとへ正しい英語を習いたいと押しかけ・・・。・

今更?ってかんじかもしれませんが、『My Fair Lady』のビデオを
図書館から借りてきてみました。

ビデオ2巻組み、約3時間の映像を見終わって思ったことは、
『いやぁ〜、オードリーって本当にカワイイなぁ〜。(しみじみ)』でした。

ま、お話の流れからして、最初は小汚い田舎モノの花売りだった
のが、どんどん洗練されて最後には、ハンガリー王室の血を引く
お姫様と間違われるほどにピカピカになるので、当然カワイさにも
磨きがかかるわけですけど、それにしてもかわいかった。
ちょっと古い世代風に表現するところの『お人形さんみたい』
ってやつですよ。

それと発音を直す為に様々な器具を用いて、レッスンするんですけど、
それがなかなか興味深かったです。母音の発音練習とか、その時の
口腔内での舌の動きとか、自分が大学生の時の授業を思い出し
ましたわ(英語をたくさん勉強する大学に行ってたんです)。

母国語にしている人は、日々の会話で習得している"発音"ですが、
その音を発する為の理論がちゃんと存在して、それを"学習"する
事によって"体得"することが出来るんですよねー。しみじみ。

あ、なんだか映画の話からそれましたが(^_^;)、ミュージカル
映画ですね、これ。でもオードリーの歌のパートは本人は歌って
いないそうです。当時、本人は自分で歌いたいと熱望したものの、
その歌唱力が十分でないと許可されず、アフレコになったそうです。
そうと知って聞いてみると、確かに高音域の声は彼女の声とは
大分異なります。

あと気になったのは、日本語にどう訳されているのかというところ。
特に、音を正しく発音する為の訓練文で、
"The rain in Spain stays mainly in plain." や、
"But in Hertford, Hereford, Hampshire, the harricane hardly
ever happen."と韻を踏んでいるものがあるんですが、はて、
日本語訳はどうなっているんでしょうか。
訳者のセンスが問われるところですね。
| 映画の話 | 14:45 | comments(2) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 14:45 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
ミュージカル苦手なのに観てたなんて意外〜!

『シペイン』かー、直訳してちょびひねった感じね。
ま、日本語で韻を踏むような文章に訳しちゃうと、
正しく発音できた後で貴婦人と会話するシーンにつなげ
られなくなるもんね・・・。

『キャンディ・キャンディ』懐かしぃ〜!小学生(!)の頃
読んでたよー。ニールと共にイジワル姉弟だったよねー。
ネットで、キャンディ・キャンディを私的に研究・解析している
(私的には笑える)サイトを見つけたよ。
http://akasaka.cool.ne.jp/ardlay/
『検証:キャンディは、本当にそばかすなんて気にしないのか?』
いやはや、世の中いろんな事をしている人がいるもんだ。
| emem | 2005/01/22 1:57 AM |
『マイ・フェア・レディ』、名作ですわね。
タモさん並みに『ミュージカルが苦手』な私でも観たもの。

ちなみに私はTVで日本語に吹き替えられた物を観まして、その時は『銀河鉄道999』のメーテルの声の人が演じてました(多分、この人が専属でオードリー役をいつも演ってたような・・・。山田康雄のクリント・イーストウッドみたいにネ☆)。

で、彼女が言ってた例の台詞は

『しぺいんではおもにへいやであめがふります』

だったような気がするわ・・・(なにぶん昔なので)。

イライザが『スペイン』と言えずに『しぺいん』って言うの。

しかし、『イライザ』と聞いて、『マイ・フェア・レディ』よりも『キャンディ・キャンディ』を思い出すのは、哀しむべき事なのかしら・・・。
| きゃび | 2005/01/21 6:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ememdays.jugem.cc/trackback/194
トラックバック
★オードリー・ヘプバーン 〜 おしゃれでお得なクレジットカード2
前回おしゃれなカードという視点で紹介しましたが、今回またおしゃれな1枚を紹介させていただきます。 そのカードはNICOSカード オードリー・ヘプバーンです。(申込受付期間:2005年3月31日申込書必着分まで) これは見ていただければわかります。 デ
| クレジットカードで得しよう!〜 買い物・映画・居酒屋でも得しちゃう | 2005/02/06 1:50 PM |