30歳からのカナダワーホリ暮らし

30歳(2004年6月〜2005年6月)で行っちゃった!カナダでのワーキングホリデー生活の日々あれこれ。
月日は百代の過客にして...
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
カナダはどんな感じ?

日本はこんな感じ!

カナダ情報LINKS
カナダブログLINKS
オススメッ!
カナダ〈2006~2007年版〉
カナダ〈2006~2007年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
長期で暮らす方に役立ちます!
オススメッ!
オススメッ!
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで (JUGEMレビュー »)
藤田 裕子, ナヴィインターナショナル
英語レシピで和食を作っちゃえ!
最近のemem
テーマ別に
これまでのemem
読者のお声
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    emem (06/28)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/28)
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    Mai (06/26)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    momo (06/24)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    emem (02/07)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    tarako (02/07)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/08)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    makiko (06/02)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (11/20)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    りえこ (11/06)
関連記事発生中
その他
筆者です。
ad from jugem...
ブログのレンタルサービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
保険を節約?
先日医療通訳をしていた時のこと。

今回の患者さんは、スノーボード中に転倒し、激しい腰の痛みに悩まされていました。
普通歩行も困難な状態で、松葉杖を使用しなければいけない酷さ。

そこで、ワタクシ。1つアドバイスをしてみました。
『保険があるなら、タクシーを使っても交通費を請求できるよ。』

すると、患者さん。
『いつ大きなケガをするか分からないから保険を節約してるんです。』

保険を節約?
そこで、治療費がどのような補償になっているのか聞いてみるとかなりの
高額補償プランに加入している事が判明。

そこで、ワタクシもう一押し。
『治療費用の担保は、1回ごとの病気やケガ単位で限度額が積算される
 システムなんですよ。なので1度大きなケガヤ病気をして治療費が
 高額化しても一気に補償がゼロになるわけではないんです。』

この説明で意味分かります?例にしてみましょう。

●治療費用限度額:700万の場合。
1月20日 肺炎にかかり入院。完治までに500万円を要した。
2月15日 スキー中に転倒し複雑骨折。完治までに200万円を要した。
3月25日 盲腸にて入院。完治までに550万円を要した。
※注意:↑の費用は適当な額で、現実的な平均等ではありません。

はい。この 銑の費用は全て保険の補償額内ということです。
治療費用の場合、1つ1つの病気・ケガごとに積算していきます。
なので、別な病気やケガが発生した時には、また1からカウントし直すシステムなんです。

だから、保険の節約なんてつつましい事は言わずに、保険期間内であれば
ジャンジャンバリバリ使いましょう〜。

あ、それと患者さんからは、『へぇ〜。』と『ありがとう』の言葉をたくさん頂きました。
感謝される仕事って素晴らしいなぁ〜。と改めてしみじみした出来事でもありました。
| 保険活用術 | 23:55 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
旅行保険活用講座〜治療費編〜
昔取った杵柄(以前、旅行保険関係の仕事をしてました)ってことで保険の話でも。

長期で海外に行く人は、ほとんどの人が加入してい旅行保険。
その反面、保険がどこまでカバーしてくれるのかを正確に把握している人は
ほとんどいない!と断言していいかと思われます。

例えば、風邪をひいたとしましょう。保険ではどんな費用がまかなえるのでしょうか?
まず、医者にかかった場合の診察代。これは誰でも知ってます(よね?)。
次は、薬を処方された場合の薬代。ま、これも常識でしょう(ですよね?)。

では、以下の費用はどうでしょうか?
1.医者とのやりとりで医療通訳が必要だった場合の通訳代。
2.家から病院まで通院する為の交通費。
3.救急車で運ばれた際の救急車(カナダは日本と違って有料です)費用。
4.入院して洗面用具などを購入した際の諸雑費。
5.入院した事を日本の家族に知らせる為等で電話した際の国際電話代金。
6.日本に帰国後も治療が必要だった場合の日本の病院での治療費。

実はこれ、ぜぇ〜んぶ保険でカバーされちゃうんです。
ぜぇ〜んぶですよ。

ま、それぞれ金額の上限や日数制限など細かい取決めもありますが、
おおまかにでも知っていて損はない情報だと思いませんか?

さらにケガの場合などは、医師の処方があれば松葉杖やらサポーターやらの代金も
治療費の一部として保険で支払われます。(実際私も、親指用のごっつい
サポーターを処方された事もあったなぁ・・・。しみじみ。)

1回も保険を利用しないで帰国したからって、保険料は1銭も戻ってきません!
だったら、使わな損!損!体調不良?ガッツリ使いましょう。
はい、保険会社からもらった冊子を見て近くの窓口へすぐ電話!
時間が遅すぎる?大丈夫!大体が24時間対応ですからっっ。

そして、1.にも注目!通訳をつけてもタダ(保険でカバー)ですよ!
医療通訳を手配して私にもじゃんじゃかお仕事まわしてくださ〜い。

あ、でも保険を持ってる人がどんどんケガや病気をすればいいと思っている
わけじゃないですよ。丑三つ時に巨大わら人形打ったりしてませんから〜。

・・・。という事で皆さまの健康を心からお祈りしています。(←説得力ゼロ)
| 保険活用術 | 23:55 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
保険を使おう。
マッサージ治療〜♪→Massage Therapy中です。

アメリカに比べ医療費が安いと言われるここカナダ。
でも、日本から1年以内の滞在予定で渡加している方のほとんどが日本で
旅行保険に加入してきたのではないでしょうか?

かくいう私も10万円近い保険料を払って1年間の旅行保険に申込みしました。
ま、私の場合は前職が旅行保険関係の仕事をしていた為、日々、盗難やら
病気やら怪我やらの各種案件を目の当たりにしていたので、1年も海外に
行くのに無保険なんて有り得ない〜。と必然的に加入しました。
日本の住民票も海外転出扱いにした為、国民健康保険もなくなりましたし。

国民健康保険について触れておくと、これはあまり知られていないんですが、
海外での治療費も必要書類を揃えて手続きすれば、ちゃんと還付が受けられます。
ただ、日本国内での治療と同様に、3割の自己負担分が発生する事と、
日本の治療費水準にて還付金が算出される為、海外で自己負担した分の
7割が返ってくるという保証がないというのがネックですね。

ということで、本題に戻ります。
保険期間の長短によって保険料も異なるわけですが、決して安くない保険料。
でもこの保険を活用(?)していない方がほとんどではないでしょうか。
せっかく高いお買い物したんですから、積極的に使わない手はありません。

現在私は、腰痛と肩の痛み(肩凝り?)のマッサージ治療を保険を使ってしています。
カナダに来てから発症した事が条件ですが、一般医に診察してもらい
そこから紹介状を書いてもらえば、Massage Therapy と呼ばれる
マッサージ治療の費用もこの旅行保険でまかなえるんです。

私が通っているマッサージ治療は、冒頭画像の個室で施術され、
国家資格を持つマッサージセラピストの手によってオイルマッサージが
行われるというものです。イタ気持ちいいですよ。

普通に料金を支払うと、なんと$70近くもする1時間コース。
それが保険を使ってタダで受けられるんだからとっても嬉しい。
お陰で大分腰の痛みが和らいできました。治療を始めた日から180日間は
完治するまで保険が適用されるので、もう少し通います。
それと、通院の為に要した自宅〜病院間の交通費(電車代、バス代、タクシー代等)も
保険請求すれば支払われるんですよ。

もう治療が終わっているものでも、保険期間内の治療で、治療費の
領収書があれば請求可能です。
保険の内容を理解して、積極的に利用しましょう〜。
| 保険活用術 | 14:30 | comments(6) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
Thumb Stablizer
stablizer1→予想よりゴツかった。

かれこれ2ヶ月近くになりますが、右手親指の筋が痛い症状が続いております。
原因は、ルームメイトの浄水機能付きのピッチャー(上部に水を入れると、
浄化され、そのままピッチャーに水が溜まるというもの)だと思われます。

結構大きなサイズで、片手で持つにはちょっと重いんですけど、
根が面倒くさがりなので、片手で出し入れしていました。
どうやらそれがたたって、右手親指にダメージが発生した模様です。

インターン実習中だったこともあり、日本で加入した保険を使って
診察してもらうと、「筋が炎症しているね。」とさくっと診断されました。
さらに「完治への近道は、その指を使わない事だね。」とまたまた
さくっとアドバイスが。でも利き手が右手の私にとって右手親指を
使わないようにするというのは至難の技。それを伝えると、
親指の為のサポーターを処方してくれました。

ちょこっと親指を囲うくらいのものかなーと想像しながら、
サポーター用品のお店へ行ってみると出てきた物は結構ゴツイ・・・。
親指から手首までを覆う感じじゃないっすか・・・。
でも、指を動かさないようにしない限りは治らないと聞いていたので、
購入する事に決定。$24.98(≒2,070円)もしたけど、これも保険で
カバーされるから有難い限りです。
続きを読む >>
| 保険活用術 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP