30歳からのカナダワーホリ暮らし

30歳(2004年6月〜2005年6月)で行っちゃった!カナダでのワーキングホリデー生活の日々あれこれ。
月日は百代の過客にして...
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
カナダはどんな感じ?

日本はこんな感じ!

カナダ情報LINKS
カナダブログLINKS
オススメッ!
カナダ〈2006~2007年版〉
カナダ〈2006~2007年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
長期で暮らす方に役立ちます!
オススメッ!
オススメッ!
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで (JUGEMレビュー »)
藤田 裕子, ナヴィインターナショナル
英語レシピで和食を作っちゃえ!
最近のemem
テーマ別に
これまでのemem
読者のお声
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    emem (06/28)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/28)
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    Mai (06/26)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    momo (06/24)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    emem (02/07)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    tarako (02/07)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/08)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    makiko (06/02)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (11/20)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    りえこ (11/06)
関連記事発生中
その他
筆者です。
ad from jugem...
ブログのレンタルサービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
Tip
サラダ$12.50也〜。高いけど、美味しかったんですよ。

知合いと、とあるレストランで食事をした時のこと。
総勢5人でテーブルに着きました。私はサラダ($12.50)、その他の
メンバーはケーキ($9.50)を注文。

夜景がキレイなレストランだったので、ウェイターに写真を撮ってもらったりしながら、みんなでワイワイお皿をつつき、いざお会計。

ケーキ($9.50)×4+サラダ($12.50)+TAX=$53.50 というレシートが到着。
メンバー5人のうち、日本人が4人で、中国系カナダ人1人。
ここはひとつ、チップが日常的習慣になっているカナダ人に計算してもらいましょう〜、
ということで、ケーキのお値段の算出を依頼。みんなからお金を集めて
残りは私が払えばいいもんね〜。という気持ちでいました。

私的には、$12.50+TAX+チップ(約15%)で$15位でいいや〜という心積もり。
でも、お財布を見ると20ドル札しかなかった。5ドルのおつりは他のメンバーの
お金を集めれば出てくるだろう〜とみんなが払ったお金を見ると合計で$41。
おや?なにやら少なくないっすか?計算をお願いしたカナダ人に、ケーキを食べた人の
分担を聞いてみると、税とチップ込みで一人$10.25とのこと。
えっ?少なくない?税を加算しただけでも一人、$10.17ですけど??

私が$15足したとしても、$56・・・。$53.50の料金に対してチップがたったの
$2.50!?ケーキの人のチップは1%にも満たない!!私の分を足して全体の
割合にしても、なんとたったの5%!!

確かにチップとは、その店のサービスに対して客が感じた満足度を反映させる
ものですけど、よほど酷いサービス内容でない限りには、最低でも10%は乗せる
ものではないのでしょうか?今回は散々写真撮影をお願いしたりしていたし、
それなりの"サービス"は受けていたと思いますけど!?

それに、私がカナダに到着したばかりの頃、他のカナダ人の友人に聞いたら、
15%〜20%の幅が一般的とか言ってましたけど?!

でも、いくら中国系とはいえ、この人もカナダに住むカナダ人。
心の中で、かな〜り冷たい風が吹きましたが、$56でいいの?と眉根を寄せる私に
平然としながら、大丈夫だよ。と答える当人にこれといった反論も出来ず、
私の代金$15を足してそのままお会計に・・・。

日本人の私にとって、とかくやっかいなこの"チップ"という風習ですが、
次回から、この人とお食事に出かけるのはご遠慮したいな・・・。
そんな気持ちになったチップ事件でした。
| お金の話 | 23:43 | comments(8) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
¥money money money$(BGMはABBAで)
届いて欲しくない郵便物

最近、これからカナダ生活を始めようとしている方からもコメントを
頂くようになりました。<(_ _)>

『○○の情報が役に立ちました』等とコメントを頂くと、あぁ〜、こんな
私の私信のようなブログでも誰かの役に立ってるんだなぁ〜と
本当に感慨深いものがあります。しみじみ。(-_-)

ということで、今回は自分が出発する前にどうなんだろう?とよく思っていた
こちらでの(私の現状での)生活費について赤裸々にお届けしちゃいます。

家家賃($450+1/2電気代約$10・・・水道代とガス代はこのアパートは無料)
現在私は、バンクーバーのイーストサイドエリアに暮らしていて、
ダウンタウンからは、バスで20分位の立地です。
物件は、築4年の比較的新しいアパート(4階建ての2階)で2つある
ベッドルームのうちの1つを借りています。この物件には、2つバスルームが
あるので、自分専用のバスルームもありです(これがかなり嬉しい。)

リビングスペースとキッチンは、ルームメイトと共有しています。
私が入居した当初は、この物件の所有者である人が既に暮らしていたので、
家具や電化製品などの生活に必要なものは全て揃っていました。

今、オーナーである人は部屋を出ていますが、生活に必要な家財類は
別に費用を請求される事もなく、全て置いていってくれてます。
ちなみに実際に訪れてくれた友達のほとんどが『キレイでいい物件だね』と
コメントしてくれます。(^_^)v

PC家の電話&ADSLインターネット(各約$25/月×2≒$50)
この物件のオーナーの意向で自分で手続きをして専用の電話回線を
設けるようにとのことでしたので、一から自分で手続きしました。
でも知人に聞いた話を総合すると、このようなことはあまりないようです。
家賃に込みというのが一般的な傾向みたいです。

バスバス定期(1ゾーン$69/月 or $18の回数券)
ダウンタウンに住んでいる人は買っていないようです。

携帯レンタル携帯電話(約$20/月)
事情があり借りてますが、それがなければいらないと思ってます・・・。

食事食費(約$100〜$150)
これは、自炊の為の食材費です。外で食事したりする費用は含んでません。
ちなみに、ダウンタウンでお酒を飲んで食事をすると、お店の質にも
よりますけど、1回で$30〜$40はかかるんじゃないですかねー。

ペン雑費(約$50〜$100)
洗濯、トイレ、お風呂周りの消耗品など。トイレットペーパーとかは
日本よりもずっと高いです。

ざっとこんなところでしょうかね〜。
ちなみにこちらでテレビを見る場合には、日本のようにテレビを買って
アンテナにつなげば主要なチャンネルが見れる訳ではなく、ケーブルテレビ
の契約をしないといけません。(大概の物件が家賃にこの費用も含まれて
いるようですが)自分で契約をした場合、更に月に約$25の料金がかかります。

余談ですが、ホームステイをする場合の1ヶ月家賃の相場は、$700〜$750
みたいです(私の知人のデータを集計してます)。大概が3食付ですが、
出てくるお料理はその家庭によってピンキリなので、食費込みでこの家賃
が高いと感じるか安いと感じるかはそのファミリー次第でしょう。

あとホームステイの場合、大概がダウンタウンよりちょっと離れた郊外に
住むパターンが多いようです。その場合、2ゾーンになるとバス(定期)代も
ちょっと高くなりますね。

うーん。こうやって改めて活字にしてみると、結構使ってますねー。
これからカナダで生活する為にお金を貯めている方も、お金がなくなって
途中でやむなく帰国。なんていう悲しい事態にならないように
しっかり稼いでくださいねー。って無職状態の私に言われたくないか(^_^;)
| お金の話 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
激安!時計の電池交換
利利百貨@PenderXMain近く→時計イラスト、手書きです。

日本から持ってきた腕時計がある日突然止まりました。
そう。電池が切れてしまったんです。

お気に入りの時計だったので、ちゃんと電池交換をしてくれる所に
持って行きたいなーと思っていました。

ネットで検索したところ、ダウンタウンに$6+taxでやってくれるという
お店の情報を発見。じゃ、そこに持って行くか〜。と思っていた矢先、
チャイナタウンで、税込みで$4.40で出来るお店を発見。や、安いっ!

店の立地、外観、手書きの値段表(冒頭画像)。
どれをとってもいまひとつ安心感がないこのお店・・・。
しかし、慣れって怖いです。カナダで暮らすうちに段々と経済感覚が
カナダ感覚になってきていて、安いにこしたことはないか!と思えるように。

日本にいた時は、1000円近く払って交換してもらっていたことを考えると、
その差、600円以上。激安だ。えいやっ!とお店に入ると椅子に座って
テレビを見ているおじいちゃんと、中国語で電話しているおじちゃんに遭遇。

テレビじいちゃんが話しかけてこないところからすると、じいちゃんは
単なる店のマスコット(?)らしい。電話が終わるのを待っておじちゃんに
『この時計の電池交換して欲しいんですけどー。』と伝えると、
時計の裏ぶた等を確認して『$4.40ね』と作業をする前に料金徴収。

おいおい、作業もしていないうちにお金取られちゃって大丈夫か?と
心の中でヒヤヒヤするも、おじちゃんは淡々と作業を進め、1-2分で
さくっと電池交換完了。時刻合わせもしてくれて返してくれました。

しかし、日本製時計の電池が$1.99+taxなのに対して、時計本体が
$0.99ってどういうこと・・・。ま、チャイナタウンだから何でもありか。
| お金の話 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
値上げぇーっ。
2005年元旦から、TransLink(バンクーバーを含むGreater
Vancouverと称される地域のバス、モノレール、水上バスを一手に
仕切る会社)の運賃が下記の通り一気に値上げですね・・・。

      1ゾーン $2→$2.25
      2ゾーン $3→$3.25
      3ゾーン $4→$4.50

私の場合、1ゾーン内に住んでいるので、1ヶ月の定期代が
$63→$69へと一気に$6も値上がりする事になります。

日本円にして500円位なんですけど、こっちに暮らしていると
この金額はかなり大きな額に感じるのです。

でも回数券や1日乗車券等の値段は据置きらしいです。
定期券は、1日1往復の計算で15.5日間利用すると元が取れるお値段。
これが、毎日通う学校も職場も持たない身にとっては微妙な
ところなんですよね〜。

でも月末月初の10日間位しか正規販売していないと思うと、心理的に
期間限定発売品のような感じで、今しか買えないし、
やっぱり、必要かも!と結局買ってしまっている昨今ですが・・・。

実際に定期があると、気軽にどこへでも出かける気になるし、
一回に1.5時間という時間制限付きのチケットと違って、
時間を気にせずに行動できるというメリットがあるのは事実。
来月の定期券(Buspass)販売開始まであと10日。
お値段据置きの回数券にすべきか否か。う〜ん。悩みどころです。

えぇっ!?他の運賃はどうなるの!?という方はこちら。

★彡今日のクリスマス★彡
螺旋状〜。とあるビル内のシャンデリアを外から見た図。
ツリーっぽい形と
グルグルなイルミ
ネーションが合体
してクリスマス
ツリーっぽい〜。
| お金の話 | 23:55 | comments(2) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
なんだかなー。
テレビでバンクーバーのホームレス人口が
3年前に比べて急激に増加しているというニュースが流れていました。

ここバンクーバーは東部(トロントとか)に比べて気候が温暖な為、
ホームレスが多いようです。(冬には移住してくるという噂も・・・。)

(私が思う)日本のホームレス(路上で寝たり、ゴミ箱を漁る)と違って、
こちらでは道で物(お金)乞いをしているホームレスを多く見かけます。

先日も、とある夕暮れ時にバスを待っていると、近付いてくる
一人の白人男性。服装はトレーナーにジーンズといった
ごく普通の身なりだったけど、隣にこられたら、しばら〜く
お風呂に入っていない人独特の臭いが漂ってきた・・・。
「英語が話せますか?」と聞かれたから「何とか話せますよ」と答えた。
すると、こんなお話が展開。

自分はアメリカ人でバンクーバーに観光できている。
今日も水族館に行ったが(と言いながらボロボロの観光マップを見せる)、
そこで、お財布やカメラが入っていたバッグをごっそり盗難された。
リッチモンドの空港の近くのホテルに滞在しているが、そこまで帰る為の
バス代がない。少しお金を恵んでもらえないか。

その時、時刻は17:30過ぎ。もう2ドルで乗れる時間と勘違いした私は、
2ドルでいいよね?と聞くと、それは18:30以降でしょ。と速攻
突っ込み返される。

お財布を見たら、1ドル、2ドルコインともなかった。
その旨伝えると、じゃあ5ドル札は持ってるか?とのこと。
なんとなく、怪しい雲行きになってきたので、持っていないと答えると、
20ドル札は持ってるか?とのこと。持ってるよ。と言うと、
バス停の後ろにある洋服屋で両替をしてくれと低姿勢でお願い攻撃。
このお店で前に服を買ったことがあるから、両替してくれるはず。と
妙な理論まで展開。

なんだか、周りに誰もいなくて断るのが怖い雰囲気だったから、
お店に入って、バス代が必要だから両替して欲しいと両替してもらう。
はい、バス代ね。と3ドル渡すと、明日もあるからもう1ドルくれ。と
言い出す始末。3ドルあればバスに乗れるでしょ。と拒否すると、
礼も言わずに立ち去った。

一人店を出てバス停に戻った頃に、あぁ、あの人ホームレスだったんだ。と
彼の手口を認識。と同時に2ゾーンを利用して3ドル確保するあたりが、
ちょっと賢いなぁ。と妙に関心してみたり・・・。

でも道端で「金恵んでくれ〜。」と直接的に物乞いする人より
なんだか卑屈な感じがしました。でも、あの3ドルで彼が今晩の
晩ご飯にありつけるならそれでいいか。と自分を納得させました。

たかが3ドル、されど3ドル。
帰りのバスに乗りながら、3ドルあればあれこれ買えたなーと
ちょっとくよくよしてしまう、なんだかな〜な出来事でした。
| お金の話 | 21:35 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
初預金
カナダに来てから無職状態が続いている今日この頃。
必然的に、給与などの定期的な収入がなくなり、銀行に行っては
お金を引き出す(英語ではwithdraw)作業のみ繰り返していました。

しかーし、海外旅行保険で請求していた保険金が小切手で支払われ、
この度、初預金(英語ではdeposit)とあいなりました♪
(ま、厳密には銀行口座開設の際に入金しているんだけど、それはそれ)

窓口に行って、"Deposit please."と言えば済む話なんだけど、なにやら行列している。
ここは一つ、空いているATMで入金(これまた初体験)しちゃいましょう!って事に。
引き出す時と同じ様に暗証番号を入力して、入金手続き画面へ。
すると、入金する金額を入力してください。との指示。

そう、ここカナダでは(どうやらアメリカもそうらしいけど)、日本と違って
紙幣を入れると機械が自動計算してくれるようなハイテクマシーンではなく、
預金者が預金額を手入力し、機械に入れられた紙幣や小切手を裏で行員が
手作業で確認すると言う、なんとも家内製手工業的なことになっているんですね〜。

しかも、窓口でもATMでもその場で入金額を確認し即時で預金される
日本とは大きく違い、窓口で入金手続きををすると2(営業)日、
ATMで入金するとなんと5(営業)日も保留されます。(^_^;)

こっちは日本と違って小切手(口座を持っている人が、お金を支払いたい人の
名前や金額等の必要事項を手書きで記入する有価証券)がかなり一般的に
使用されているので、そのせいもあるのか?と思ったけど、
5(営業)日って・・・。土日も入って1週間やん・・・。

実際にお金を機械に入れる時は、日本のように紙幣を直接機械に入れてはダメで、
備え付けの封筒に入れて封をして機械に入れるんですけど、
機械の裏で封筒を開けて紙幣を5日がかりで手で数えている行員の姿が
眼に浮かび、カナダ時間やのぉ〜としみじみお茶を飲んだりしてしまうのでした。
| お金の話 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
久々のサービス業労働
今日は、家の近所にあるカフェレストランで、
人手が足りないとのことで臨時でバイトをする事に。

昨日の夜に晩ご飯を食べている時にお願いされて、
詳しい時給等も聞かずに安請け合いしてしまったのですが、
実は、飲食店で働くのは、高校生時代にデニーズで
皿洗いのバイトであまりの過酷さに3日で辞めた時以来でした。

約束の時間の10時に到着すると、ジャガイモの皮むきからスタート。
自分が使っている皮むき器と勝手が違って、使い辛い・・・。
それが終わると、紙ナプキンにフォークとナイフを包む作業。
その作業の合間にも、出来上がった料理をお客様へ運ぶ。

11時頃から外で雨が降り出すと急激に客足が増加。
これはいつも起こるパターンらしい。
店内はお客で溢れ、キッチンの料理人は忙しさに苛立つ・・・。
アララララ・・・。

雨の中、道の反対側にあるスーパーへダッシュで買い物に走ったり、
外に買出しに行っていた人が帰ってきて、買い込んだものを
保管場所に運んだり、仕込みをしてあった鍋をキッチンへ運んだりと
ワタワタ作業をして、次の仕込みの野菜のピーマンを全て
切り終わると、15時。手がしびれてきて、お腹も空いたので、
休憩に入ることに。幸いこの頃にはお客も引いて店の中も
平安を取り戻していた・・・。ホッ。

「ありがとうね。」というお礼と共に受け取った金額はなんと$10(約800円)
別にお金の為に働いたわけじゃないけど、カナダでの最低時給が$8という
事実を知っていただけに、ちょっと驚きの金額でした・・・。

ま、正規の従業員のように働いてはいないからと言われれば
それまでだけど、もう安請け合いは辞めようと心の中で誓いました。
そのあとタダでランチを食べさせてもらったから、それで
チャラという事にしようと自分を納得させて、16時頃店を去りました。
お礼に晩ご飯もご馳走するから食べにおいで。と店のオーナーが
言ってくれたけど、何だか疲れちゃってパスしました。
続きを読む >>
| お金の話 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コーリングカード
バンクーバー生活を始めて約2ヶ月。
今日、初めて日本の家族に電話をした。

電話会社(TELUS)にオンラインで申込みをしてから
約2ヶ月。やっと電話回線の設定が終了したのでした・・・。

じゃあ、家族に自分の電話番号をお知らせ
しましょうって事で、こちらも初めてコーリングカードを購入。

これは、日本のテレホンカードのようなものではなく、
自分のいる地域(市内)のアクセスポイントに電話して、
購入したカードの裏面に書かれているID番号を入力すると、
そこのセンターが国際電話を設定してくれるもの。

カードの種類は色々あるけど、今回は
$5で152分日本への国際電話が出来るカード(AA)を購入した。
400円ちょいで2時間半はお得よね。

最初の電話をかけてから6ヶ月間有効で、維持費は一切なし。
$5で300分なんてカードもあったけど、小さい字で書かれた
詳細を読んでみると、日割りで維持費がかかったりして
かえって割高だったりする様子。文章は隅々まで読みましょう。

カード裏面に書かれた手順に従って電話をかけると
無事に日本の家族に繋がりました〜。めでたし、めでたし。
| お金の話 | 22:21 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
銀行口座開設
1日1善ならぬ、一日一登録な今日この頃。

今日はこっちの銀行での口座開設にお出かけ。
といっても、英語でのやり取りはちょっと不安も多く、
日本語サービスのある、TDことCANADA TRUST銀行へ。

Georgia St.とHowe St.の交差点に位置していて、
1階は普通の窓口業務を行っているフロア。
受付で、"Do you have a Japanese Section?"と
質問したら、にこやかに、"Yes, It's on the 2nd floor. Please
take the elevator over there."と丁寧に教えてくれた。
受付女性はいい感じで、第一印象グッ!

で、言われたとおり2階へ上がると、ありました日本語バンキングセンター。
ここにはキレイな日本人の受付嬢がいて、またまたにっこり。
「口座を開設したいんですが。」というと、「身分証明を2つお持ちですか?」
と聞かれたので、「はい」と答えると、申込用紙とアンケートに記入して
くださいとのこと。11:30頃行ったんだけど、予約が立て込んでいるとの事で、
14時に戻ってきてください。とのこと。了解です。

で、14時に行ってみると、日本人銀行マンが対応。立て板に水って感じの
マニュアル通りのトークでさくさくと口座開設の手続き完了。
パスポートともう一つのID(運転免許証(日本のでも国際でもどっちでも可)、
クレジットカード、SINなど)で口座は開設できた。

とりあえず、$1,000で口座維持手数料が無料になるプランを選択。
インターネットバンキングも即日に開始できるそうです。
即日で利用できるバンクカードもその場でもらえて30分程で手続き終了。

事前に$1,200を準備していたので、その場で入金してくれるのかと思いきや、
このフロアでは現金の扱いは出来ないから、1階の窓口へ行って"Deposit please."
と言って手続きをしてくださいとのこと。

最後に粗品として銀行のロゴ入りのボールペンをくれたんだけど、
色が4色くらいあって、1つ選んでと言われた。緑色を選んだんだけど、
「何で緑を選んだんですか?」とか最後にアホアホな質問をする銀行マン。
「緑が好きだからです。」と答えてあげたけどさ・・・。
| お金の話 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
カナダのダイソー
←店内でこっそり撮影。

ありました。カナダにもダイソーが。
しかーし、ここでは100均ではないんだね、残念ながら。
何でも2$だって。1CAN$≒¥85だから、なんでも170円!みたいな・・・。
中途半端だ・・・。そして何だか割高だ・・・。

品揃えは日本と全く同じ。タグも日本語だし。
2フロアに分かれていたけど、結構賑わってた。
こっちは文房具とかがなぜだか異常に高いから(ノート1冊8ドルとか)
かなり便利かもねー。私もノートを買う為に行ってはみたものの、
日本では105円と思うとどうにも手が出ずそのまま帰宅・・・。
変なところで貧乏性なんだよね・・・。

ちなみに店員さんは皆、「いらっしゃいませ〜、ウェルカム トゥ ダイソー」と
呪文のように口にしていた・・・。日本のダイソーにはない教育やね。
| お金の話 | 09:48 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP