30歳からのカナダワーホリ暮らし

30歳(2004年6月〜2005年6月)で行っちゃった!カナダでのワーキングホリデー生活の日々あれこれ。
月日は百代の過客にして...
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
カナダはどんな感じ?

日本はこんな感じ!

カナダ情報LINKS
カナダブログLINKS
オススメッ!
カナダ〈2006~2007年版〉
カナダ〈2006~2007年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
長期で暮らす方に役立ちます!
オススメッ!
オススメッ!
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで (JUGEMレビュー »)
藤田 裕子, ナヴィインターナショナル
英語レシピで和食を作っちゃえ!
最近のemem
テーマ別に
これまでのemem
読者のお声
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    emem (06/28)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/28)
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    Mai (06/26)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    momo (06/24)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    emem (02/07)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    tarako (02/07)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/08)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    makiko (06/02)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (11/20)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    りえこ (11/06)
関連記事発生中
その他
筆者です。
ad from jugem...
ブログのレンタルサービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
脱、ピュアプー。
お仕事イメージ。あくまでもイメージです。

突然ですが、仕事も学校もないのね〜♪でお馴染みの、お気楽ご気楽
ピュアプー生活が終わりそうです。

昨年の8月に医療通訳の学校に通ってからというもの、出来ればカナダにいるうちに
『医療通訳』としてお仕事したいな〜。と呑気に思っていました。
ま、それなりに就職活動なんかもしてみたりしたんですけど、あまり求人の
需要がない業界だったようで・・・。ま、依頼があればちょいちょい通訳したりは
していたんですけど、基本的にはこれまでのブログに書いてある通り、
日々まったりしちゃってました。

ところが。果報は寝て待ってみるもんですねー。
ホントに寝ているだけの(しかもかなり爆睡)状態に近かったんですけど、
週3日位のペースで、お仕事が出来る様になりそうです。

フルタイム(月−金の9:00〜17:00)の仕事じゃないじゃないか?
そうですね。ま、でも私の場合、こちらでの生活がかかっているわけではなし、
医療通訳を職業とする経験が出来ればいいな〜。程度のノリなのでこれで
いいんですよ。週3日労働=週休4日です!まだまだ自分の好きな事が
た〜くさん出来たりします。

新しい人ともたくさん会えそうだし、普通は出来ないお仕事だ!と
ちょっと誇りに思う部分もあってこれからが本当に楽しみ♪

でも、この仕事では"新人"なワタクシ。
『初心忘れるるべからず。』的な心構えでフレッシュ(?)に頑張ります!
| 医療通訳 | 21:50 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
就活開始
毎朝9:30〜10:00頃にのんびり起きだし、シャワーを浴びる。
そんな毎日が日曜日なプー生活にもすっかり馴染んできた今日この頃。

でも、カナダで働きたい!という意気込みで取得したワーホリビザ。
こんな事ではいかん!と就職活動(今時の若者は就活と略すようです)をする事に。

かなーり昔に日本で作成していた英文履歴書(英語ではresume)をデータで持ち込んでいたので、それを修正する作業から開始。
でも、このレジュメ物凄く古い本を参考にして作成していたので、現在の基準に見合って
いるのかちと不安になる・・・。

そこで、ネットで検索してみると不安は見事的中。
大幅なレイアウト変更から開始するのでした・・・。

まず、日本の履歴書と大きく違う点は、年齢、性別の情報を一切書かない事。
その基準で採用を判断すると差別につながる為、書かなくていいんです。
だから、求人広告にも年齢制限は一切なし。いい感じです。

日本ではかなり重視される学歴もこっちでは最終学歴を書けばいいくらい。
仕事に関係ない小・中学校の学歴を書く必要はありません。
それと、年齢・性別情報が不要な理由と同じ理由だと思うけど、
家族構成の情報や写真添付も一切不要。

でも、その分職歴(経験)と技能が問われます。
なので、レジュメには、いつからいつまでどんな会社でどんな事をして
働いてきたのかというのを細かく書いて、自分はこんな事も出来んねんで〜
と活字でアピール。

そして、カバーレターという挨拶状も必須なんですが、これまでの職歴を
述べたりしながら、これにも自分がどれだけこの仕事に適しているか
と言う事をさらにアピール。

日本だと転職頻度が多いと、なぜここまで転職しているのか?と不審に
思われるかもしれませんが、こちらではそれぞれの会社でやってきたた事を
自分の技能としてアピールすればOKな世界。
ようは、言って(アピールして)なんぼの世界なんですな。

私も少なからず転職を重ねてきた身なので、短期間の派遣での仕事でも
これこれこんな事もやったったで〜と大きく書いたりしてみました・・・。(^_^;)

バンフにある医療通訳の会社の募集広告を見つけたので、そこに1セット郵送。
そして、募集広告は出していないものの、バンクーバーにある医療通訳を
手配している会社のマネージャーにもメール添付で送信。

あとは、レーザー視力矯正手術を受けたクリニックでも治療が完了したら
レジュメ持ってきてねというオファーを頂いているので、それも準備予定。
でも手術後、6ヶ月まで経過観察期間が設けられているんだけど、いつを
"治療完了"とみなすのやら・・・。要確認だ・・・。

まだまだ始まったばかりのカナダ就活。どうなる事やら〜。
| 医療通訳 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
医療通訳講座Q&A(インターン編)
えー、昨日この記事を投稿しようとしましたが、jugemの障害が続き、
まったくもって作業が出来ませんでした・・・。

という事で、気を取り直して本題へ。
前回の講義編に続き、今回は5週目から始まるインターンについてです。
インターンとは、実際の現場での実習ですね。
私の場合、医療通訳のインターンといことで、学校が提携している
クリニックでの体験でした。ではQ&Aのはじまり、はじまり〜。

Q1.どんな所で実習するのか?
A1.学校が提携しているクリニック(一般診療のクリニック、
   近視レーザー矯正のクリニック、レーザー脱毛のクリニック、
   各種検査機関、専門医のクリニック)で実習しました。 

Q2.どういう事をするのか?
A2.日本人の患者さんと一緒に病室に入り、現地医師とのやりとりを即時で通訳します。

Q3.どの位の回数出来るのか?
A3.日本人の患者さんの発生頻度とその期の生徒数によるので、
   何回とは明確に出来ませんが、私の時は3人で一人週に3日ベースでした。

Q4.他の仕事との掛け持ちは可能か?
A4.日によって医療通訳の予約状況が異なるので、他の仕事との
   スケジュール調整が難しいと思います。
   私の時は、前日の夕方に翌日の予約状況を確認して次の日の
   出勤シフトを調整していました。

Q5.次の予約までに時間が開いた場合はどうしているのか?
A5.空き時間は自由行動なので、人それぞれで時間を潰していました。
   図書館に行ったり、近くでお茶をしたりとか。

Q6.インターン終了後は、ディプロマが取れるか?
A6.学校が終了証明を発行しますが、ディプロマ的な公的要素はありません。

Q7.インターン終了後、医療通訳として就職するのは容易か?
A7.探せばあるのかもしれませんが、求人媒体での募集はほとんど
   見かけません。学校側の就職サポートも特にないようです。

Q8.やりがいはあるか?
A8.通訳した後、ほぼ全員の患者さんから感謝されるので、
   私はとってもやりがいを感じました。

ざっとこんなところでしょうかね〜。
私は、講義とインターン実習を含めてとってもためになる講座でした。
インターンでお給料が発生するわけではないので、授業料がちょっと
高いかな〜とは思いましたが。

来月からバンクーバーで職探しに挑戦予定なので、この講習を活かした
職に就けるといいな〜と思ってます。
| 医療通訳 | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
医療通訳講座Q&A(講義編)
先月まで医療通訳の学校に通っていたのですが、
自分と同じ時期に講座を受講していたのが2人しかいませんでした。

なので、あまり人気がないのねーと思っていたのですが、
最近、メールでこの講座について詳しく知りたいけど、
情報がないので教えて欲しいというお便りを頂きました。

私は、カナダに来る前からこの職業に興味があったので、
あまり深く考えず、事前の情報収集もあまりせずに
入校を決めてしまっていました・・・。(^_^;)

他にもバンクーバーで医療通訳の講座に通いたい!だけど
詳しい情報が得られなくて不安・・・。と思っている方の為にも
お寄せいただいた質問をベースにしてQ&A方式で詳細を書こうと思います。
今回は全体的なことと、講義の内容についてです。

Q1.講座の内容(構成)は?
A1.私が通ったところでは、4週間の教室での講義+4週間の提携クリニック
  でのインターンシップの計8週間でした。

Q2.授業料は?
A2.CAN$1,800(授業料)+$100(テキスト代)+TAXが規定料金でしたが、
  とある留学エージェントを通じて申込みをし、12%の割引をしてもらいました。
  結果約$1,700支払いました。

Q3.授業内容は?
A3.体の部位の英単語、カナダでの医療事情、海外旅行保険、
  カナダでの市販薬、症状の英語での表現方法、講師が医師役となって
  行うロールプレイングなどなど、医療通訳に必要な知識を学びます。
  授業の一環として、赤十字の主催する救急救助法の講座にも
  出かけたりします。

Q4.講師は?
A4.私の時は、日本で看護婦経験のある日本人講師の方が一人と、
  薬剤師を目指しているというネイティブの講師の計2人でした。
  日本人の講師は日本語で、ネイティブの講師は英語で授業を行ってました。

Q5.どんな人が受講しているのか?
A5.看護士経験のある人が多いようです。(私のクラスメイトも二人とも
  看護婦経験ありでした。)でも、医療現場での職務経験が全くない
  私のようなド素人でも受講は可能です。

Q6.クラスの定員は何人?
A6.私のときは、1期につき1クラス(定員6名)でした。
  でも、私が入校を決めた時点で、開講以来一度も定員を満たす申込みが
  あったことはないとのことでした。1期につき平均2〜3人のようです。
  よく言えば、少人数制?

今回はここまで。
次回はQ&A(インターン編)をお届けしたいと思います。
他にもこんな事が知りたい!という事があれば、遠慮なくコメントをお寄せください。
| 医療通訳 | 23:55 | comments(8) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
インターン終了!
今日で4週間にわたるインターン実習が終了しました。
一般診療のクリニック、レーザー近視手術のクリニック、
レーザー脱毛のクリニック、専門医のクリニックと
色んなところで、色んな事を学びました。

日によって、多い少ないはありましたが、患者さんが一人もいない
という日は1日としてありませんでした。
つまり、毎日病気や怪我を患う人が人がいて、その苦しみや不安が
いつもどこかで発生しているという事なんですよね。

自分の健康に感謝すると共に、苦しみや不安を抱える人の役に立てる
医療通訳という仕事がとってもやりがいのある仕事だと思えました。
患者さんと一緒に診察までの順番を待つ間に、お互いのカナダでの
生活振りなどを話したりして、色んな出会いがありましたし。

来月から職探しをしようと思っていますが、この講座で学んだ事が
活かせる仕事に就けたらいいなーと思う今日この頃です。

それとインターン終了記念!というわけじゃないんですが、
渡加前からとっても興味があった、レーザー近視手術の無料検査を
来週受ける事にしました。今度は私が患者さんの立場にー。
来月からのインターン実習生が通訳に付くらしいです。
ちょっとドキドキワクワクです。
| 医療通訳 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
薬の話
advil1advil2→Advilにもたくさんの種類あり。

私のインターン実習も残すところあと2日となりました。
学ぶ事も多いので、記憶が衰えないうちに記録に残しましょう。
ということで、今日は薬の話。

通訳をする際に必ずする質問の一つに
普段から常用している薬はありますか?という質問があります。
薬を処方する場合、組合せによっては副作用を起こす可能性があるので、
医師は正しく把握する必要があります。

その際、こちらで買って飲んでいる薬なら、問題ないのですが、
日本から持ち込んだ薬の場合、こちらのどの薬に該当するのか
医師に訳して伝えなければなりません。

私は医療現場で働いた経験が皆無で、病院で処方される薬の
知識も全くなかったので、最初はかなり???でした。
何故か私が担当する患者さんには、EVE(イヴ)を服用している人が多く、
こちらで該当する薬の名前が分からず、効用を説明したりしてました。

続きを読む >>
| 医療通訳 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
BC州の医療保険:MSP


今日は(私が在住しているB.C.州の)医療保険の話をしましょう。

カナダ市民権および永住権保有者はBC州に居住者として
住所を移してから3ヶ月後には、BC州政府(Medical Services of BC)の
Medical Service Plan(通称:MSP)という医療保険に加入する義務があります。

これは、日本の健康保険に該当するもので、ワークビザあるいは
学生ビザ取得者の場合でも最低6ヶ月以上の長期滞在を
証明できれば、加入申請する事ができます。
(ワーキングホリデービザ取得者、観光ビザ等での短期滞在者は加入不可。)

この保険の加入者は、CareCardというカードを病院で見せれば、
一般治療費、検査費用、入院費、手術費、治療に伴う視力検査費用が
100%カバーされます。つまりこれらの費用は無料です。

私が現在インターンをしているクリニックでも、治療が終わって
次の予約の必要がない患者さんは、日本の病院と違い
会計をする必要がないので、すたすたーっと出て行ってしまいます。
最初は何だか不思議な感じでした。

ただし、歯科治療費、予防接種費用、処方箋料、薬代、
鍼灸院、整骨院での治療費は保険適用外となり、100%自己負担となります。

無料か全額負担。メリハリ激しいですよね。
ただ、歯科治療費などは、初診の場合、レントゲン代なども含めると
$300近くなったりするようなので、こちらの人は、別途保険料を払って
これらの費用もカバーする保険に加入しているのが実態のようです。
続きを読む >>
| 医療通訳 | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
カナダの医療事情
こちらのクリニックでのインターン生活も残すところあとわずか。
今日はカナダの医療制度について語ります。

こちらで、病気やケガをした時には、総合病院ではなく、
居住地域にあるその家のかかりつけの医者(ファミリードクター)に
診察してもらいます。

クリニックと呼ばれるこれらの施設には
大掛かりな機械や検査室は一切なく、看護婦すらいません。
いるのは、医者と受付のスタッフのみ。
この医師は、診察台と椅子があるだけの小さな個室で
患者の症状にかかわらず何でも診察します。
大概は2-3分の問診のみで診断を下して診察が終了します。

そして、そこで診断を下せない場合や、
更なる検査が必要な場合には、それらの該当機関
への紹介状を書きます。

だから日本みたいに、診察後、すぐにレントゲンを撮りましょう〜。
とかはなく、予約を取って後日レントゲンのクリニック(そこでは
レントゲンを撮ってその結果を見ることだけをするのね)へ
行ってねー。てな具合です。予約状況によっては、1週間とか
待たされたりします・・・。
続きを読む >>
| 医療通訳 | 23:21 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
インターン開始!
今日からインターン実習がスタート。

クリニックにてレーザー脱毛を受ける為の事前カウンセリングを
常駐の通訳者がやるところを見学。

レーザー脱毛は永久脱毛の技術だけど、1回で処理が終了する訳ではなく、毛の生え変わる周期に合わせて数回トリートメントを受ける
必要があるんですよね。

そしてトリートメント中にも下記の様な注意事項があります。
‘焼けしすぎない。
∪犬┐討た毛を抜かない。(剃るのはOK)
9垣減泙筌曠襯皀鷓泙鯢用しない。
だ戸中はレーザー照射時の痛みが増す。
デタ院⊆乳中(予定がある人)はトリートメント受けられない。

たかが脱毛、されど脱毛。色々学ぶ事は多いです。
| 医療通訳 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
現場見学。そして授業終了
今日は医療通訳養成講座の最終日。
この1ヶ月ホントあっという間でした。

最終日の今日は、医療通訳手配をしているこの学校が
提携している病院やクリニックの見学。

朝一で集合して向かった場所は、レーザー近視矯正手術専門の
クリニックのCoal Harbor Eye Center
たまたま今日日本人の患者さんのLASIKの手術があるということで
ご本人の承諾を得た上で実際の手術の様子を見学させてもらうことに。

このクリニックは研究目的で全ての手術の様子を映像として
記録しているそうで、オペ室の隣の部屋のモニターでその映像を
生中継で見る事が出来ました。

上まぶたと下まぶたが器具で大きく開かれ、眼球に機械が当てられます。
その後、その機械が自動的に角膜の縁に切込みを入れて、めくれる状態に。
縁取りされた角膜をペロッとめくって眼(黒いゼラチンみたいだった)に
レーザーを照射。一点ではなくランダムに赤い光が当たったかと思うと
それで終了。これだけで視力が回復するなんて驚異的技術です。

続きを読む >>
| 医療通訳 | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP