30歳からのカナダワーホリ暮らし

30歳(2004年6月〜2005年6月)で行っちゃった!カナダでのワーキングホリデー生活の日々あれこれ。
月日は百代の過客にして...
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
カナダはどんな感じ?

日本はこんな感じ!

カナダ情報LINKS
カナダブログLINKS
オススメッ!
カナダ〈2006~2007年版〉
カナダ〈2006~2007年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
長期で暮らす方に役立ちます!
オススメッ!
オススメッ!
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで (JUGEMレビュー »)
藤田 裕子, ナヴィインターナショナル
英語レシピで和食を作っちゃえ!
最近のemem
テーマ別に
これまでのemem
読者のお声
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    emem (06/28)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/28)
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    Mai (06/26)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    momo (06/24)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    emem (02/07)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    tarako (02/07)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/08)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    makiko (06/02)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (11/20)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    りえこ (11/06)
関連記事発生中
その他
筆者です。
ad from jugem...
ブログのレンタルサービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
お酒はバスを降りてから(標語風に)
姉さん、事件です。(HOTELの高島弟風に。)

ウィスラーでのお勤めを終えて、帰りの"グレハン"ことグレイハウンドバスに
乗ろうとした時のこと。なにやら、バスの運ちゃんと髪がちょっとベタツキ気味な
男子(最初ホームレスかと思ったよ)がもめている様子。

どうやら、この男子が赤ら顔のホロ酔い状態でバスに乗車しようとしたところ、
運ちゃんから"ちょっと待ったーっ!"がかかったらしいのです。

そう。グレハン車中では、飲酒及び喫煙が厳禁なのです。どのバスの運ちゃんも
バスが始発ポイントから走り出した直後に毎回アナウンスをして呼びかけています。

『飲みかけのアルコールは一切ないし、口の中にも含んでない!(←これ
当たり前ね)』と自ら口を開けて、赤ら顔で主張する男子。

それに対して、『他のお客さんを乗せてから考えるからちょっと列から
外れてくれ。』と酔っ払い追放キャンペーンを展開気味な運ちゃん。

その後、この男子はカバンの中身まで厳重にチェックされ、アルコールを保持していない事が判明した後に、どうにか乗車完了。

やれやれ。大事にならずに良かった。とその他乗客が一同胸をなでおろした
(と思われる)ところでバスは定刻通りに出発進行!
運ちゃんの第1回酔っ払い追放キャンペーンも無事幕を閉じました。

ウィスラービレッジを出たグレハンは、そこから5分程の距離にある次のバス停
ウィスラークリークサイドへ移動。そこでバスを止め、運ちゃんが再度乗客の
人数を数えている最中に更なる事件は起きたのです!姉さん!(←しつこい。)

バスの後方で何やら声を荒げる運ちゃん。
どうやらさっきのホロ酔い男子ではない新たな人物が飲酒している現場を
押さえた様子。『バスの外に出ろ!』という声と共に、第2回酔っ払い追放
キャンペーンが一気に開幕!

その男子は男友達1人と女友達2人とのスノボ帰りだったようなのですが、
一人だけバスの外に即追放。即です。自分の荷物さえ手に出来ないほどに即。

バスの外から聞こえる、『冗談だろ?』という男子の声。それに対し、断固として
『飲酒禁止だって言っただろ!俺のバスからとっとと降りやがれ!』と
大ご立腹な運ちゃん。『せめて友達に事情を説明させて欲しい。』と哀願する
男子に『冗談じゃない。もうバスには一歩たりとも足を踏み入れるな!』と
マグマ垂れ流しの運ちゃん。ドロドロロー。(←マグマの流れる音)

プッシュー、と無情にも閉まるバスのドア。
しかし、どうやらこの男子、バスの下に荷物を預け入れていたらしく、ドアを
閉められた後も、身振り手振りでせめてこの中にある荷物を出してくれ〜!と
さらに哀願!

そんな車外の一人哀願劇場を無視し、事件現場であり主犯の友達がいる
バス後方へスタスタと向かった運ちゃん。
どうやら"その仲間達"にも共犯者がいるにちがいねぇ!と連続摘発を
目論んでいる様子。

すると!主犯の男友達の持ち物の中から、ビール缶(未開封)を発見!!
先ほどに引続き、即追放を試みる運ちゃん。

それに対して、『これは俺のではなく、あいつ(主犯)が飲まないようにと
取り上げたものなんだ!俺は一滴も飲んでいない!その証拠に俺の息は
酒臭くない!何なら嗅いでみてくれ!』と運ちゃんに顔を近づけながら、
声を大にして無罪を主張する主犯の男友達。

すると、その横から女友達1名が『彼は本当の事を言っているわ!その
ビールは奴(主犯)が飲まないようにと取り上げただけよ!』とナイス弁護。

この援護射撃が功を奏したのか、未開封のビール缶を含むこの男友達の荷物を
全てバスの下に収納するという事で、即追放は免れたのでした。
そして、この追加荷物を収納するのに乗じて、主犯者の荷物がバスから
取り出され、何とか持ち主の元へ。

やや呆然とする主犯男子をクリークサイドに残し(友達3人は誰一人として
主犯と一緒にその場で下車することなく、しっかりとバスに戻ってきてた・・・)
再度バスは出発進行!ちなみにバンクーバー行きの次のバスが来るまで約2時間・・・。
さようなら〜。

その後また運ちゃんのアナウンスが車中に流れる。
『最初にも言った通り車中では飲酒禁止です。これでルールを破ったものがどうなるか良く分かったでしょう。次に追放されるポイントはクリークサイドほどいいところじゃないので気を付けるように。』

怒ってるよ〜。そして何だか誇らしげだよ〜。
姉さん、お酒はバスを降りてからです。(もう、いいっちゅーの。)
| その他 | 21:20 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
びくーっ&キョロキョロ
車が大きいほどうるさい傾向アリ

これって最近では日本でもそうなんですかね〜。
車にリモコンで鍵の開閉をする時に出る"ビビッ!"という音。

この音が無意味に大ボリューム(私にとっては)で、小心な私はこの音に
いつもびくびくさせられています。

車のいたずらや盗難防止のために、ロック時に車に接触されると大音量で
音が出るセンサーってありますよね?
音の出る長さは短いとはいえ、その音質にすごく似ていて、しかもボリューム大。
とにかくびっくりするんですよ。そして時には、知合いが合図で
鳴らしているクラクションか?とキョロキョロしちゃったりもします。

新し目の車種だと大概この機能が付いている様なんですが、RV車などの
車体が大きいものほど、その音量も大きくなる傾向がある気がします。

この音がした時に、びくっ&キョロキョロしている日本人がいたら
それは私かもしれません・・・。

さて、私事ですが(っていつもそうか・・・。)、今夜はこれからムフフハートなイベントへ
友達と行って来ます。何がムフフかは、イベント参加後に報告しまーす。
| その他 | 18:15 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
往く年、来る年。
2004年も残すところあと1日(日本ではもう1日切ってますね)になりました。

今年は、会社の組織変更をきっかけに退職を決め、年齢的にラスト
チャンスだったカナダのワーホリビザを取得する事を決意する
という、大きな転機が訪れた1年でありました。

出張先(!)でカナダ行きの航空券を手配し、会社の封筒(!)で
ビザ申請をした3月。
1ヶ月以上に及ぶ"有給消化"という名の給料泥棒状態を経て退職した5月。
一人暮らしの部屋を引き払って、実家の一部屋を荷物で
ギュウギュウ詰めにしてカナダへと旅立った6月。
そして、あっという間に半年が過ぎ、気が付けば私のワーホリビザでの
滞在期間も半分が終了すると共に、2004年もエンドロール。

前厄でありながら大したお祓いもせずに色んな転機を迎えた年でありました。
来年は本厄に突入しますが(女性の場合、30代はほとんどなんらかの厄に
引っかかっているのね
)、カナダに来た事が大きな厄祓いになっていると
信じて、これからも意欲的に新しい事に挑戦して行きたいと思います。

Life is too short to give up something. です。
やりたい事があれば、どんどん決行!
これが、往く年のそして来る年の私のモットー(抱負)です。

それでは、皆さま体には気をつけて、良いお年をお迎えください!
Have a Happy New Year 2005!!
| その他 | 23:55 | comments(6) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
風まかせ〜♪ではダメ?
バンクーバーに暮らし始めて間もなく半年。<は、早っ(゜o゜)>
国籍を問わず、初めて会った人に必ず聞かれる質問セットというのがあります。

1.どこ(の国)から来たのか?
2.いつカナダに来たのか?
3.いつまでカナダにいるのか?

ま、外国人に対するいたってありがちな質問。
日本に暮らす外国籍の人に初めて会った時、自分も同じ質問をするでしょう。
問題は↑の3.で「とりあえず来年の6月まで。」と答えたあとにやってくる。

4.その後どうするのか?
5.移民申請しないのか?

2004年11月現在、私の答えはワンパターンに次の通り。
「その時(2005年6月)にどんな選択肢があるのかで決める。」

4.は日本出発前にも多くの人に聞かれた質問。
その時は、日本で普通に生活していたら、「今から1年後はどうする?」なんて
質問される事はないのに、"1年カナダに行く"という事で1年後に
何か新しい事が起こると期待するのねー。と漠然と思ってた。

でも、カナダに来てからも同じ質問を繰り返し受ける度に、30歳過ぎた
独身日本人女性としては、その後の人生プランもしっかり考えて、
風まかせ〜♪的な答えではないものを持っているべきなのか?と
思うようにもなってきた・・・。

でも、個人で移民申請をするとなると、3年がかりと言うはなし。
こちらでの定期収入がない今、向こう3年もこの国に住み続ける根性はない。
(ま、物理(ビザ)的に学生ビザに切替えい限り無理だと思うけど・・・。)
だから、給与所得で生活できるレベルの仕事を見つけられたら
その時点でまた考えてみよう!と思う今日この頃。

ワーホリビザの期限が切れるまでにそんな仕事が見つからなかったら?
ま、その時はその時で考えよう。(って結局、風まかせ〜♪的だわね・・・。)
| その他 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
退院はしたものの・・・。
ウィルス感染症に冒されていた私のPCが無事修理店から退院しました。
日本人(のおじさん)が経営する日本のパソコンを扱うお店で
修理したので、言葉の問題もなくきっちり直ってました。ホッ。

で、故障原因について聞いたところ、
「誰か他の人が触って作業した事はないですか?」とのこと。
部屋にネットが接続してからは、PCは部屋に据え置きだし、
ルームメイともずっと旅行していて部屋にいなかったので
「その可能性はありません。」と断言すると、
無くなったファイル(roundll.exe)やエラーが出ているソフトがシステム上に
致命的なダメージを与えるものでなかったからウィルスの仕業ではなく、
人による人為的なものなはずだ。とおじさんが繰り返し主張。

そりゃエラーが出たソフトが、ソリティアやデジカメ画像の処理ソフトで、
他はコントロールパネルにアクセスできなくなっただけで、
Windowsの起動と動作には異常をきたさなかったけどさ・・・。
それでも他の人が触った可能性はゼロなんだから、他の原因も視野に入れて
検討してみてよね、おっちゃん。

おっちゃんには悪いけど、私は今でもウィルスの仕業だと確信しています。
皆さんもウィルスには気を付けましょう・・・。
| その他 | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
誕生日の出来事
今日は私の31回目の誕生日でした。

こっちに来てからまだ日も浅いことと、
私の性格上、そんなに親しくない人に自分の誕生日を祝ってと
言わんばかりにお知らせすることが出来なかったので、
普通の土曜日となるはずでした。

しかし、実際には不思議な偶然が重なり、たくさんの人から
お祝いの言葉をもらうことが出来ました。

出来事1:午前中にカナダに到着後宿泊していたB&Bで知り合った人に
      誘われてある料理好きな人の家でお昼ご飯をご馳走になる事に。
      私の誕生日とは全く関係なく設定されたお食事会だったけど、
      結果的に、その場に集まった4人(内初対面3人)から
      おめでとうと言ってもらい、ワインで乾杯しました。
      ランチに誘ってくれた子から、カードとプレゼントを
      もらっちゃいました。

出来事2:ランチが終わり、 みんなその場で解散。Powell St.で
      行われている、日本人コミュニティーのお祭りに一人で
      徒歩で移動。すると大学時代の友人とその友達と遭遇。
      一緒にお祭りを見学後、晩ご飯を食べることに。
      そこでも二人からおめでとうといってもいました。

出来事3:晩ご飯の後、一人でバスに乗って帰宅。オーナーと
      顔馴染みで私のお気に入りのカフェレストランの近くを
      通ると、閉店後の店の前にオーナーの姿が。

       挨拶をしに近付いて、今日が誕生日だった事を何気なく
      告げると、「何でもっと早く言わないんだ!」と言われ、
      すぐにグラスワインを運んできてくれた。
      「わーい」と喜んで飲みながら世間話をしていると、
      さらに、アイスクリーム付ラムケーキと小さなキャンドルに
      火が灯されたものがお馴染みの"Happy Birtyday to you〜♪"
      という歌を唄いながら運ばれてきた!

      再度、「もっと早く言わなくちゃだめだよ!」と怒られる。
      そんなに派手にお祝いしてもらう歳でもないし・・・と、言うと、
      「誕生日って言うのは、お母さんがこの世に産んでくれた
      日なんだから、いくつになってもスペシャルな日なんだよ。」
      と言われ、その言葉が何だか心にジーンと来た。

そうだね、誕生日は私だけのものではなく、母が努力して
私を産んでくれた日なんだ。日本にいる母とメール等で
お祝いメッセージをくれた私を想ってくれている友人に感謝です。
皆さま本当にありがとう。
     
| その他 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スピーク イン イングリッシュ
昨日は、大学時代の友人とその仲間達とダウンタウンで飲み会。
当初の予定では、4人くらいの規模だったらしいけど、人が人を呼び、
気が付けば14人が大集合。すごっ。

じゃあ、お店に行きましょう〜って事で移動を開始したんだけど、
世界中どこでも金曜の夜の状態は同じ。混んでます。

ロブソン沿いをウロウロするけど、やっぱり14人全員が
一度に入れるお店はなかなか見つからず・・・。
お腹すいたな〜と思ってたら、やっと1軒のベトナム料理店を発見。
14人分の席を確保できるってことで、交渉成立。

じゃあ、お店に入りましょう〜と思ったら、一部で予算(一人約$30)が
高すぎるとの声が・・・。結局、ここでもいいって人ともっと安い店に
移るって人で2グループに分裂。着席してみると7人に。
こじんまりして全員と話せるくらいの規模になって良かったんじゃないですかね。

中に一人韓国人がいて、韓国語と日本語は一部似てるねって話に。
な、なんと、「微妙な三角関係」と「バッテリーがなくなった」という
文章は、韓国語でも日本語と全く同じ意味で通じるらしい。
85へぇ〜。くらいな気分だった。

グループに韓国人がいたせいもあるけど、日本人同士でも
英語で会話しているのには正直驚いた。
私とその韓国人以外の5人は全員同じ学校に通ってて、
校内ではそういうルールになってるらしい。
私的には、日本人なんだし、日本語で話そうよ・・・。というのがホンネだったけど・・・。

でも日本で留学斡旋業者を通じで申込みすると、必然的に学校も
日本人が多いわけで、こういうルールを作らないと、せっかく
カナダまで来ても日本人の友達が増えるだけってことになるもんね・・・。

家に帰ると、午前中に最終面接をした物件のオーナーから電話があって、
シェアメイトを私に決めたとの事!ヤッターヤッターヤッターマーン!
水曜日に引越しだ〜♪
| その他 | 02:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
あたしゃ子供か・・・。
←6/23まで宿泊予定。

いやー。サボってたなーブログ。
っていうか、カナダへ出発する5日前くらいから、
元来の切羽詰らないと最後まで完了出来ない性格が災いして、
超ワタワタ状態に突入・・・。悲しい
ブログどころではなくなっていたのでした。

そんなこんなで、スーツケースに30kgの荷物を詰め込んで、
飛行機に乗ること8時間。到着しました、バンクーバーに!!飛行機
別に何もやましいことはないのに、入管でドキドキした。んで、
「ワーキングホリデーですぅー。」ゆうたら、
「じゃあっちで労働許可証もらってやー。」とあっさり通過。
移民局でも、「カナダドルいくら持ってきたん?」等の簡単な質問などに
「CAN$1,000で、あとは銀行口座に預金してんねんでー。」と普通に答えたら、
あっさり、パスポートに労働許可証をホチキス留めしてくれはった。
これでワーホリメーカーとして無事カナダ入国や〜拍手

日本出国前に予約しておいたB&B(Bed&Breakfastの省略で、ベッドと
朝食のサービスをする宿泊施設)の人が空港ロビーに出迎え。
のはずが、いない。どこを見てもいない・・・。

仕方なく、宿に直接電話すると、「電話待ってたよー。」だって。
連絡先を控えてて、昔取っておいた硬貨があったから良かったものの、
そうでなかったらどうなってたんだよ、おいおい。
宿予約時に、ちゃんと教えておいておくれよ。
1泊C$35と安かった宿代をさらにC$30に値切ったせいだろうか・・・。

と、ブツブツ言いながらも、空港から車で10分程度の立地にある
リッチモンドの宿に無事到着。
あなたの部屋はこちらよ〜と案内された部屋が写真の部屋・・・。
どうやら子供部屋を奪ったらしい・・・。ハイシーズンだから混んでるのね・・・。
ここに2週間滞在しま〜す。
| その他 | 02:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP