30歳からのカナダワーホリ暮らし

30歳(2004年6月〜2005年6月)で行っちゃった!カナダでのワーキングホリデー生活の日々あれこれ。
月日は百代の過客にして...
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
カナダはどんな感じ?

日本はこんな感じ!

カナダ情報LINKS
カナダブログLINKS
オススメッ!
カナダ〈2006~2007年版〉
カナダ〈2006~2007年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
長期で暮らす方に役立ちます!
オススメッ!
オススメッ!
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで
カラー版 英語でつくる和食―寿し、天ぷら、豆腐料理…日本の代表料理からマナーまで (JUGEMレビュー »)
藤田 裕子, ナヴィインターナショナル
英語レシピで和食を作っちゃえ!
最近のemem
テーマ別に
これまでのemem
読者のお声
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    emem (06/28)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/28)
  • すっピン東部巡り12日間                  〜Day12. Niagara Falls→Toronto→Vancouver(写真編)〜
    Mai (06/26)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    momo (06/24)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    emem (02/07)
  • 最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
    tarako (02/07)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (06/08)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    makiko (06/02)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    emem (11/20)
  • 医療通訳講座Q&A(講義編)
    りえこ (11/06)
関連記事発生中
その他
筆者です。
ad from jugem...
ブログのレンタルサービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
ぎっくりこきました。
突然ですが、古傷のぎっくり腰が再発しました。(T−T)

ぎっくり腰ってイメージでは、重い物を急激に持ち上げたりとか、
外部から何らかの衝撃が加わって発生すると思うでしょ?

ま、実際にそういうこともありますよ。
私の場合も初回は、テニスをしていてレシーブを打とうと一歩前に
踏み込んだ時に"ぎくっ!"と来ましたし。

しかーし。
あれってどうやら1度やるとクセになるんですね。ムチ打ちと一緒で。
なのでそれ以降は特に何の刺激がなくても、時と場所を選ばずに
いきなり奴はやってきます。

エレベーター待ちをしているときとか、浴槽を洗おうとかがんだ瞬間とか、
何気なく床の座布団に座った時とか・・・。

今回はベッドの上で胡坐をかいた瞬間にいきなり襲撃されました。
ビキーン!とくるあの痛さは体験した人でないと分からないほど
言葉で表すのは難しい痛さなんです。

幸いにも両親が自宅の一部を改築して整体業をしているので、事情を
説明してちょこっと修復してもらいました。あぁ、助かった。

病気やケガをして実感する『健康体』のありがたみ。
普段から運動などをして気を付けないといけないですよね。
皆さん気をつけましょう。(って私か)
| 哀しい話 | 15:55 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
がっかり満載。
本日、2005年5月4日(水)のお昼頃かねてからの噂通り、中国人の方々による
「日本の国連安保理常任理事国就任反対」及び「日本の歴史教科書の第2次
世界大戦中の南京虐殺事件等の記載内容に抗議する」デモ行進がチャイナタウン
から日本総領事館のあるWest Hastingにかけて決行された模様です。

このデモに対して在バンクーバー日本国総領事である多賀敏行氏が記者会見にて
コメントを発表していたのですが、内容としてはこんな感じでした。
『各学校でどの教科書を使用するかについては、各学校の裁量に委ねられている為
国家レベルとしての対処は不可能である。また現在、今回のデモ隊からの抗議文
にて指摘されている教科書を実際に使用している学校は全体の0.04%にしか
満たない状況である。』

えぇっ?これが総領事としてのコメント!?
抗議の主旨とは全く別な方向を向いちゃってる内容ではないですか?
なんだか、彼の意見が他の日本人の思考回路を代表するものと思われる可能性大
かと思うとものすごーくがっかりコメントでした。(ー_ー)

英語もなんだかイマイチ発音だったし、総領事館のホームページでは何事も
なかったかのように今日の出来事について何も触れられてないしさー。
もう、がっかり満載だよ。

このコメント映像を放送したニュース番組でニュースキャスターが合わせて
報道していたのですが、第2次世界大戦中、日本軍は「戦争」という大義名分の
もとに相当数の中国人を虐殺したようです。その数たるや広島と長崎の原爆の
犠牲者の総合計数を上回るとか。

こういうことって学校では習いませんでしたよね。(少なくとも私の時代には
なかった)日本の教科書の質を問う立場に私はありませんが、例えそれが
どんなに醜い事実であってもやっぱり史実として国民には正しく情報を公開
すべきだと思います。

でもここで同時に疑問に思うのは、中国の人は日本が中国に対して(ODAという
形態で)巨額(6兆円超)の援助を行っているという事実をどこまで知らされて
いるのかという事です。

ま、双方起こったことは正直に包み隠さず公開し、それに対して双方が
コメントなり謝罪なりをして誠意を持って対応するしかないんじゃないかなー。
やっぱりSimple is Best でしょう。と歴史学者でも政治家でもない凡人として
想いにふける今回の出来事でした。
| 哀しい話 | 23:49 | comments(6) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
在バンクーバーの日本人の皆さんは要注意です!
今回はちょっと深刻なお話です。

上海等の中国各地で高まる反日感情ですが、ここバンクーバーにも飛び火した様子です。

本日付のバンクーバーサンにて在バンクーバー日本人に対して注意を呼びかける記事が掲載されました。(下記参照)

以下、4月29日付The Vancouver Sunより抜粋。
Local Japanese visitors warned to avoid Chinese protest
The Japanese consulate in Vancouver is quietly warning local Japanese tourists and residents about a demonstration being organized by a number of Chinese groups for next Wednesday in Vancouver.
来週の水曜日にダウンタウンにある日本総領事館周辺において中国人による
反日抗議デモが予定されているらしいです。

上記のネット上の記事では省略されていますが、本紙にはこの度の「日本の
国連安保理常任理事国就任反対」や日本の歴史教科書の第2次世界大戦中の
記載内容に対する抗議運動で、この前後の期間は日本人は、Chinatown,
(Chinatown寄りな)Pender,Gastown,Hasting 等のエリアには不用意に近付かない
ようにとの注意喚起がされています。

在バンクーバー日本国総領事館のHPでも密かに(!もっと大々的にせーよ!)
注意喚起の呼びかけがされています。
→当地における反日デモ対する注意喚起について。

この抗議デモのために、団体まで結成されちゃってるみたいだけど、もうちょっと
有意義な事にエネルギーを使ってくれればいいのになぁ・・・。

それにしても、集団の暴力って想像以上に恐ろしいものです。
来週の水曜日(5/4)前後は中国人が多いエリアには近付かないように注意しましょう。
| 哀しい話 | 23:55 | comments(4) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
They are BACK!!
招かれざる客が帰ってきました!(というかずっといた?)
そう、灰色ボディにちょろりんしっぽ生物です!
今回は生前のご活躍振りは一切見せず、いきなり死体で登場!
しかも、またもや死体第一発見者は私・・・(゚´Д`゚)。

今まで嫌というほど発見していた"黒い落し物"も部屋にはなかったし、
夜になるとどこからともなく聞こえていた"夜鳴き"もなかったのに、
一体どこに潜んでいたんでしょう・・・。

一匹いたということは〜!!
うえーん。想像したくな〜い!!。(゚´Д`゚)。

それにしても、あの罠が仕掛けられたのってかな〜り前の事だったと
思うんだけど、餌(確かチョコ)が悪くなってなかったって言うのも驚異的事実。
それとも、ちょろっぽ(意味もなく略してみた)達には、食べ物が悪くなっている
のを察知する味覚というものがないのか?!

とりあえず、ルームメイトに「悪い知らせがある・・・。」とお知らせ。
その言葉でピンと来たらしく、「またネズミ!?」と飛び上がり、
すぐ捨てなくちゃ!と俄然立ち上がるルームメイト。

割り箸でつかむにしても、直接は無理というルームメイト。
彼女流の処理方法にのっとって事は進みます。

1.まずはペーパータオルをその上に乗せる。
2.ペーパータオルの上から割り箸でブツをつかむ。
3.やっぱり箸でつかむのも気持ち悪いから、スーパーのゴミ袋を
  2重(1つでは気持ち悪すぎるらしい)にして回りからじわじわと包み込んでいく・・・。

もう少しですっぽり袋がかぶる〜というところで、
しっぽがひょろ〜んと視界に入ってきた!

ぎゃぁぁ〜〜!!と2m近く後方へエビの様に飛びのくルームメイト。
はいはい。私がやりますよ。とがばっと袋に包み込んで最終的に封印した私なのでした。

はぁぁ〜。
部屋の中に残る仕掛けはあと1つ。
また仕掛け業者に連絡しなくちゃダメかな〜・・・。
それとも、元ルームメイトの友達(動物と精神レベルで対話が出来る)に
来てもらって退去勧告をしてもらわないとかな〜・・・。

もぉ〜っ!ちょろっぽめ〜!!
| 哀しい話 | 22:35 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
最近のルームメイト〜彼、お泊まり編〜
何だか、このタイトルで記事を書く時は、ルームメイトの嫌なところを
指摘する内容と決まってきている気がする・・・。

ということで、今回も愚痴モードです。
自分の愚痴を人にぶつけないでよねー、そうゆうのめっちゃ不愉快。という方。
今すぐにブラウザを閉じるか、他のサイトへ移動してください。<(_ _)>

はいっ。じゃ、ここから先は私の愚痴にお付合いいただける方限定と
いうことで。行きますよ〜。結構長いですよ〜。

ルームメイトがこの部屋に引っ越してきてから間もなくの事。彼女に彼氏が出来ました。
良かったね。おめでとう。当初は、正直そんな気持ちで一杯でした。
しかーし。彼氏が彼女の部屋にお泊まりし始めた事から、私の心にフツフツと
あぶくが立ち始めました。ポワポワポワン・・・。

1週間て7日ですよね。その7日のうち、なんと4泊もお泊まりするのです。
4/7=0.5714・・・。四捨五入して57%。いや数字なんてどうでもいいんです!
とにかく1週間の半分以上も3人暮らしみたいになっちゃってたんですよ。

しかも、この彼氏。ルームメイトにとっては"ハートダーリンハート"でも、私にとっては、
残念ながら一緒にいて全く楽しくないタイプの人だったんです。
ルームメイト曰く、内気(shy)。私曰く、キモイ(weird)!

だってね、だってね、私の顔見ても"Hi"の一言も言わないんですよ。ってことは、
帰る時だって"Bye"なんて挨拶も一切なし、200%なし!

ルームメイトは彼氏(や友達)が家に来る時はモーレツにお料理をするタイプの
人なんですけど、たまに、その手料理をお相伴になる事があります。
そんな時は彼氏と同じ食卓に着くじゃないですか。すると彼氏。
食事中、一言も言葉を発しません!一言もですよ。

唯一、彼から発せられる音。それは、クチャクチャクチャ・・・というご飯を食べる時に
口を開けている人が放つサウンドです。うぅー。気色悪ぅ〜。(T−T)
個人的にこの種の音はすごく耳について苦手なんです。

こんな環境に暮らしているうちに、どんどん溜まる私の心の淀み。
自分の家なのに、彼らが家にいると思うと何だか帰りたくなくなったりして。
居心地悪過ぎぃー!って事で、ついに心の淀みマグマが大噴火。ボカーン。

ある日、ルームメイトに話があるからとテーブルに着いてもらい、私の居心地悪い
ストーリーとマグマな気持ちを包み隠さず伝えました。そして、カナダ人の一般的な
意見も聞いた上で、週に4泊は多すぎるので、週に2泊までにして欲しい!と
きっぱり要求!

するとオツムは賢いルームメイト。私がそんな想いをしているなんて知らなかったと謝罪し、
週に2泊までの取決めで問題ないと言ってくれたんです。
話せば分かるって素晴らしいわ!と万歳三唱。\(^o^)/×3

めでたし、めでたし。
で終われたらどんなに良かっただろう。そう。話はここで終わらないんです。
続きを読む >>
| 哀しい話 | 22:35 | comments(11) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
最近のルームメイト〜引っ越すのか?編〜
今のルームメイトと暮らし始めて半年が経過しました。
彼女は、バンクーバー在住7年で現在移民申請中の中国人です。

ま、これまでも色々書いてきた通り、人としては悪い人じゃないんですけど、
"衛生"に対する感覚が私とは絶望的に異なっているんです。

幸いにして、部屋とバスルームはそれぞれ別々なのですが、キッチンと
リビング等のその他のエリアは共有しているわけです。

料理はするけど、後片付けや掃除はしなくても平気。という気質らしく
プチ生理整頓派な私としては、洗われている筈の皿なのにヌルヌルしたり、
キッチン周りがベトベトしたり、掃除機は一切触らない〜。といった彼女は
残念ながら、でも決定的に一緒に暮らすのは辛い相手なんです。

そんな悲しい現実を認識した矢先のこと。
彼女から4月から彼氏との同棲生活に踏み切るかも。とのお知らせが!
ラッキー!!と心の中で万歳三唱な私。でも彼女がちょっと困った顔で、
「でも、入居時の契約で1年は住むって約束してるから無理なのかも・・・。」
と言うではありませんか!そこで私は(励まし口調で)「事情があるんだから
オーナーに話して退去の1ヶ月前までに告知すれば大丈夫だよ〜!!」と
俄然、引越し賛成派モード。
すると、「そうだね〜。オーナーと話してみる!」と彼女も前向き姿勢に。
この話を聞いてからというもの、早く引越しが決まらないかな〜とプチワクワクな毎日。

すると、最近になってまた彼女からお知らせが。
「オーナーと話したりしてよく考えたんだけど、ememが6月に帰国するなら
 そこに彼氏が引っ越してくればいいんじゃないかってことになったの。
 私もこの部屋が気に入っているし、オーナーもそれで問題ないって言って
 くれたから、引越しは止めにしたわ。」

ガーン、ガーン、ガーン。(ー_ー)!!
私の「脱!不衛生をもたらす人との生活!」への希望は、この瞬間をもって
木っ端微塵に砕け散ったのでした・・・。

私がこの部屋を出たら確実に物件は汚れていくと思うんだけど、それでも
いいのか?オーナーよ。ま、私の持ち物じゃないからいいんだけどさっ。

ということで、これからも私の手の届く範囲で不衛生人との地味な戦いを
続けていかねば!と心に誓う今日この頃なのです。トホ。
| 哀しい話 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
ネズミ氏訃報
あの、簡単な仕掛けでまたネズミ氏が1匹絶命しているのを発見しました。
(なぜか死体現場を発見するのはルームメイトではなくいつも私・・・。)

今回は、物置スペース内の棚の下に仕掛けものでした。
そして、罠にはまってから逃れようとあがいたのか、体の部分が
ねじれているという酷い死に様・・・。そして前回発見した死亡ネズミ氏
同様に眼を開けた状態でした・・・。(T_T)

ドブ系ではなくハムスター系のいでたちで、なまじっか顔が
カワイイだけに、その死に姿は何とも無残で哀しいのです・・・。

近所の知合いの方に相談したところ、飼い猫に優秀なネズミ氏ハンターが
いるから、1泊2日で貸そうか?とのお話を頂きました。

しかーし。実際に猫氏がどうするのかを聞いたところ、ネズミ氏の気配の
するところに石のようにジィーっとスタンバイ。(ここまではよし。)
その後、猫氏の手が届く距離にネズミ氏が出現した瞬間に、
目にも留まらぬ早業でシュシュッと捕獲!(ここまでもよし。)
そして、捕まえたネズミ氏を殺さぬ程度にあの手この手で
いたぶる(猫氏的には"遊んでいる"と言う定義かも)!(む、むごい(T_T))

即死性がない分、もっと残酷で拷問的なのではないですか・・・。
そして、猫氏をそのネズミ氏から引き離し、いたぶられたネズミ氏を
つかんで捨てるのは、人間の作業・・・。うぅ。ギ、ギブ。\(-o-)/

先日仕掛けで昇天したネズミ氏が私達の部屋にいる最後の1匹だったと
信じたいけど、アパート全体に発生しているので、ご近所から
お引越ししてくる可能性は大・・・。

ここは一つ、元ルームメイトの友達で、精神レベルでネズミ氏たちと
コンタクトできると言う人物に来てもらい、『この部屋は危険だから
近付いちゃダメだよー』とコンタクトしてもらうのが一番平和的解決かと
思われます・・・。近々彼に連絡して、お願いしてみよう・・・。
| 哀しい話 | 23:35 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
Tsunami Disaster
被害は甚大です。

12月26日午前8時(現地時間)にインドネシアのスマトラ島北端沖で
大規模な地震・津波が発生しました。年の瀬なのに痛ましい事です。

私の大学の後輩がプーケットのホテルで働いていて、クリスマスの直前に
eメールでクリスマスカードをもらったりしていたので、とっても
驚きました。後輩とその家族に被害はなかったというメールが届き、
ホッとしましたが、犠牲者の数は日を追うごとに増加しているようです。

現地では、遺体が病院に収容しきれず、屋外に置かれていたり、
棺桶が足りず徹夜で製作作業が行われたり、被害のない家屋でも
宝石類などの高価なものが盗難の被害に遭ったりと、現地の惨状は
凄まじいようです。

カナダ人の犠牲者(12月29日現在、死者3名、行方不明者69名)も
出ているようで、テレビのニュースでは連日トップニュースで
報道しています。

現地にいる後輩によると、この惨状にありながらも、タイの人は平常心で笑顔を忘れずに、Tシャツと短パンで泥だらけになりながらも毎日必死で夜中まで片付け作業をしているとのことです。

1日も早く復興し、被災地に暮らす人に本当の笑顔が戻る事を
心から祈っています。

尚、義援金を送りたいけど情報がない。という方は
こちらのサイトを参照してください。

→義援金受付団体(日本)
→Canadian Red Cross(カナダ)
→World Vision Canada(カナダ)
| 哀しい話 | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
ネズミ氏その後
突然出現!

不本意ながらも、ネズミ氏に居候され、かれこれ1ヶ月。
ある日、バスルームに入ろうとした矢先、視界に黒くて丸い物体が・・・。
ネ、ネズミ氏!!でも前回目撃した時のような、無意味な
ちょこまかさがない・・・。し、死んでいるのか?そんなところで!と
恐る恐る近寄ってみると、なんだかヨロヨロ&ブルブル状態。
どうやら弱っているようです。

そうときたら、証拠写真!ということでフォトジェニックか?と
思うほどに激写しまくり・・・。そして、等倍で撮影したのが冒頭画像。
そして、ズームで取るとこんな顔してました。↓
こんな顔です。

今にも死にそう!的な衰弱振り・・・。でもヨボヨボながらも動ける気力は
残っていたみたいなので、透明なお椀状のお皿をカポっとかぶせて
捕獲させていただきました。目を離した隙にどこか手の届かない所で
死なれても困りますから・・・。
タイムリーにも翌日に以前から依頼していたネズミ退治人が来たので、
衰弱ネズミ氏を引き取っていただきました。

そしてそのネズミ退治人が仕掛けた罠がこちら。↓
カナダのネズミ獲り器

初めて見た時の正直な感想。
「えっ?こんなにちゃっちいの?いくらオツムが小さいからって、
 こんな単純な仕掛けに引っかかるわけないやーん。」

しかーし。オツムは小さかったみたいです・・・。
なんと、設置から2日後、冷蔵庫横ポイント(家の中でネズミ氏の
縄張りルートと思われるところに数箇所設置されています。)にて
1匹他界・・・。見事に挟まれている!っていう感じで痛々しかった・・・。
そして目を開けたまま死んでいる姿が何だか哀しかった・・・。

元ルームメイトの友達で、動物と交信(チャネリング)しながら
彼らを追い出す儀式が出来る人がいる(元ルームメイトの影響で
これ位では驚かなくなってきた・・・。)ので、近々彼に部屋に来てもらい
"儀式(ritual)"をしてもらう予定・・・。建物の外から試みてくれたらしい
んだけど、雑念(実はアパートの家主同士で裁判沙汰な出来事が
勃発中。)が多すぎてダメだったらしい。

続報があれば随時ご報告します。

★彡今日はクリスマスイブ!★彡
流派、emem流。友達の家の近くにあるパーキングに生えていた木のたわわに実っていた枝をもぎってきて自己流に活けてみました。窓からの自然光が照明となってちょっとイイ感じ。
| 哀しい話 | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
ウィルス性感染症です。
今度はウィルス性の病気にかかっちゃいました。
私のノートパソコンが・・・。

ウィルスチェッカーのソフト(某ソフトの最新版)は入れていて、
"ウィルスを検出しました。"というメッセージもちゃんと表示されました。

okボタンを押して終了〜。と思いきや、押せども押せども
同じウィンドウが蘇るゾンビ状態・・・。
そうこうしているうちに、別なウィンドウが表示され、
"システムのファイルを復元する必要があるので
リカバリーCDを挿入してください。"というメッセージが。

パソコン本体購入時に付属されていたCDを全て試すも
"このCDではありません。"という冷たい応答のみ…。
仕方なく、電源長押しの強制終了という体当たり攻撃を試みました。

再起動してみると、何とか電源は入った。よしよし。
Windowsも起動した。いいぞいいぞ。
ネットも繋がった!と思いきや、ウィルスチェックのソフトのアイコンに
赤いX(無効)マークが。有効に切り替えようとしてもエラー・・・。
私のネット接続ったら、まっ裸で外をさまよっちゃってるぅー!
ひょぇー。ということで、即行ネット接続終了。

ウィルスチェックのソフトのアンインストールと再インストールをしようと
コントロールパネルを開くも、そこでもエラーが出て先へ進めない!!
タラタラタラ・・・。冷や汗〜・・・。
日本のパソコンも取扱っている修理業者に持込む事にしました。
2日間は入院が必要みたい・・・。トホホ。
| 哀しい話 | 17:27 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP